もしかして着信拒否?「おかけになった電話番号は電源が入っていないか電波が届かない」

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

電話

かけた番号が通じないのは、その電話が電源オフ状態であるか、電波の届かない場所にあるからかもしれません。

通話拒否の場合は?

通話拒否の場合は、

「お掛けになった番号は契約者様のご都合でお繋ぎ出来ません」「おかけになった電話からの着信はお受けできません」

といった表現が用いられますが、これが意図的に設定されたものかは必ずしも明らかではありません。

電話が電源オフになっている場合

電話が電源オフになっている、または電波が届かない場所にある場合、

「おかけになった電話番号は電源が入っていないか電波がとどかないところにあるためかかりません」

「おかけになった電話は電波の届かない場所にあるか、電源が入っていないためかかりません」

というメッセージが流れます。

このようなメッセージは、特に電話が電源オフになっていたり、サービスエリア外であったりする時によく見られます。

映画館などの携帯電話使用が禁止されている場所で飛行機モードに設定すると、電波が届かなくなり、このアナウンスが流れることになります。

他にも、夜に充電が切れてしまうことや、外出してスマホを家に忘れたりした場合などです。

料金の未払いが原因で通話が制限されている場合

料金の未払いが原因で通話が制限されている場合は、

「かけた連絡先は、現在の状況により通話ができません」と伝えられます。

盗難や紛失により通話が停止されている場合

盗難や紛失により通話が停止されている場合は、

「かけた連絡先は、お客様の報告により一時的に停止しています」と案内され、

電話番号が無効である場合

電話番号が無効である場合には「この番号は現在使用されていません」と通知されます。

おかけになった電話番号は電源が入っていないか電波が届かないまとめ

「おかけになった電話番号は電源が入っていないか電波が届かないため、つながりません」という状況は、電話が通話圏外にあるか、ネットワークと同期していない時に起こります。

このとき、「ププププ」という探索音が発せられます。

この探索音は、ネットワークが情報を交換している際に出る音です。

もしユーザーが自分で電源をオフにしていた場合、その情報がネットワークに記録されており、電話をかけた時にすぐに「電源オフ」の信号が出され、案内が流れる仕組みです。

この探索音により、相手が圏外にいるのか、あるいは電源が切れているのかが迅速にわかるわけです。

タイトルとURLをコピーしました