YouTubeで英語コメントを日本語に翻訳する方法

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

YouTube

YouTubeで英語のコメントが日本語に変換できなくなる問題に直面しています。

以前はさまざまな言語のコメントを日本語に翻訳できましたが、現在は英語のコメントだけが翻訳されない状況にあります。

翻訳機能が利用できない時、どのように対応すればよいのでしょうか?

 

YouTubeで英語コメントを日本語に翻訳するコツ

YouTubeで外国の動画をよく視聴すると、システムがあなたを外国語を理解できるユーザーだとみなし、

自動でコメントの翻訳設定を変更してしまうことがあります。

たとえば、韓国の動画を頻繁に視聴すると、コメントの翻訳が自動的に「韓国語」に設定されることがあります。

設定を確認しても、言語設定は日本語になっているのに、他のアカウントでは英語も問題なく翻訳できることがあります。

このような場合は、再生履歴をクリアしてみることをおすすめします。
履歴を削除する方法は、YouTubeのライブラリから自分のアイコンにタップし、「設定」へ進んで「すべての履歴を管理」を選び、「削除」から「すべてを削除」を選択することです。

 

英語の動画を頻繁に視聴すると、YouTubeがユーザーを英語を理解できると判断し、翻訳機能を非表示にすることがあります。

再生履歴をクリアすることで翻訳機能が再度利用できるようになる可能性があります。

 

異なるデバイスでも、別のアカウントにログインすることで英語コメントの翻訳機能が表示されることがあります。

検索履歴や再生履歴を削除すると、言語設定が適切に機能し、翻訳機能が復活することがあります。

再生履歴を削除したくない場合は、コメントをコピーしてGoogle検索バーに貼り付け、「日本語」と入力することで翻訳を試みることができます。

コメントが長い場合は、部分的にコピーして試してみましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました