iPhoneで赤い時計表示を解除する方法!スタンバイ機能って何?

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

LINE

iPhoneを横に置くと時刻が
赤い数字で表示される機能が気になる方もいるかもしれませんね。

iPhoneの画面がいきなり真っ黒になって、
赤い時計やカレンダーが表示されたら、
どうやってそれを止められるのでしょうか?

消去する方法はあるのでしょうか?

iPhoneで見られる赤い時計表示

iPhoneを横にすると時刻が赤く表示されるのは、
「iOS 17」で導入されたスタンバイ機能が関係しています。

iOS 17から追加されたこのスタンバイ機能は、
iPhoneを充電しながら横にすると自動で作動します。

選んだ情報をフルスクリーンで見ることができ、
時刻、写真、通知、天気予報、カレンダー、
リマインダーなど、様々な情報を確認できて便利です。

この機能をオフにすれば、赤い時計の表示を停止できます。

スタンバイ機能の設定方法

スタンバイ機能を変更するには、
「設定」から「スタンバイ」を選んで状態をチェックします。

iPhoneを充電し、横にして固定したら、サイドボタンを押します。

画面を左右にスワイプすれば、
ウィジェットや時計、写真に切り替えられます。

画面を上下にスワイプすると、
それぞれの画面で利用できるオプションが表示されます。

スタンバイでナイトモードを使用すると、
夜に眠りを邪魔しないよう、
赤みを帯びた柔らかな光で画面が表示されます。

スタンバイモードのセットアップはとっても簡単

– iPhoneを充電器に繋げる。
– 横に置く。
– サイドボタンを押すだけ。

もっと便利にする方法

– 「設定」メニューで、表示する情報を自分好みにカスタマイズできます。
– MagSafe充電器を使えば、スタンバイモードをさらに便利に利用できます。

スタンバイモードの賢い使い方

iPhoneをただ閉じて横に置くだけで、
赤い時計が表示され、まるでスマートディスプレイのように機能します。

どんなシーンで活用できるのか見てみましょう:

– ベッドサイドに置いて、アラーム時計として使う。
– 朝の準備をしながら、今日の天気をチェックする。
– 料理をしながら、好きな音楽を楽しむ。

iPhone|スタンバイモードで赤い時計を活かす方法

iPhoneを充電しているときに横にしてみると、
スクリーンが勝手に変わって、
いろいろな情報がキレイに表示される―それが「スタンバイモード」です。

このモードでは、どんな情報が見れるのでしょうか?

天気

今日の天気や気温を瞬時にチェックし、外出前の準備を助けます。

カレンダー

自分のスケジュールを簡単に見ることができ、予定を管理しやすくなります。

リマインダー

忘れがちなタスクやToDoリストを一目で確認でき、日々の整理に役立ちます。

アプリ

音楽やニュースなど、様々なアプリを直接スタンバイ画面から操作できます。

時刻

画面に大きな字で時刻が表示されるので、すぐに時間が分かります。夜になると、画面が自動で暗くなって、見やすくなります。

写真

お気に入りの写真をスライドショーとして表示し、大切な思い出をいつも近くに感じられます。

通知

メッセージや着信など、見逃した通知をすぐに確認できます。

タイトルとURLをコピーしました