line利用停止となった場合、期間はいつまで?内容は?

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

LINE

LINEで規約違反が認められた場合、
アカウントの使用が停止されることがあります。

この状態では、メッセージの送受信などの
基本的な機能が利用できなくなりますが、
具体的にどのような影響が出るのでしょうか?

また、使用停止期間はどのくらいになるのでしょうか?

LINE利用停止時の具体的な影響

LINEの使用が停止されると、
まずログインができなくなることがあります。

ログインできたとしても、
友だち検索やメッセージの送信に制限がかかります。

送信したメッセージは自分の画面には表示されますが、
実際には相手に届かず、既読にもなりません。

メッセージの受信は可能ですが、
PC版LINEでは強制的にログアウトされ、
ログインが不可能になることがあります。

LINE利用停止の期間について

LINEアカウントが使用停止になる期間は、
一定ではありません。

数時間で解除されることもあれば、
数日から1週間かかることもあります。

この期間は過去の利用状況を総合的に評価して決定され、
ユーザーには明確な日数が通知されないことが一般的です。

「60日後に再度お試しください」
といった期間指定の通知を受けることもありますが、
期間経過後も使用再開が保証されるわけではありません。

使用停止の延長は、運営の裁量により
無告知で行われることがあります。

結局のところ、アカウントが再開されるまで
待つしかないのです。

さらに、アカウントが再利用可能になったとしても、
特定の機能に対する制限が継続される場合があります。

特にメッセージ送信機能に制限がかかることがありますが、
これらの制限が解除される時期や、
そもそも解除されるかどうかは、運営の判断次第です。

結果的に、永久に使用できなくなる可能性もあります。

LINEアカウント使用停止の基本情報と対応策

LINEで禁止されている行為を行うと、
アカウントが使用停止になる可能性があります。

具体的には、以下のような行為が禁止されています。

– 他人になりすますこと
– その他、LINE運営が不適切と判断する行為
– ランダムにメッセージを送ること
– 不適切な内容を共有すること

■アカウントが使用停止になる理由

他のユーザーからの通報を受け、
LINE運営が利用規約違反と判断した場合も、
アカウントの使用が停止されます。

通報される主な理由は、次の通りです。

– 性的な嫌がらせ
– その他、他人を不快にさせる行為
– 迷惑をかける行為
– 名誉毀損や悪口

使用停止を防ぐためには

アカウントが使用停止にならないようにするには、
以下の点に注意しましょう。

– 他人を装うことをしない
– 他のユーザーに迷惑をかけない
– 利用規約をきちんと読んで、守る
– スパム行為や違法な情報の共有をしない

使用停止された場合の対処法

万が一、アカウントが使用停止になってしまった場合は、
LINEのカスタマーサポートに問い合わせてみましょう。

ただし、重大な規約違反があった場合や、
過去に何度も違反があった場合には、
アカウントが復活することは難しいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました