70センチの具体的な長さを、周りのものでイメージしよう!

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

暮らし

家には定規やメジャーが見当たらず、
他の何かで長さを測る方法を考えなければなりませんでした。

そこで、日常にあるものを使って
70センチを測る方法を調べてみたんです。

この記事では、70センチの長さが実際にどのくらいかを、
私たちの身の回りにあるものを使って分かりやすく説明します。

70センチってどれくらい?

以下の7つの身近なアイテムを使って、
70センチがどれほどかを確かめることができます。

屋外でよく見るアイテムから、
家の中で簡単に見つけることができるものまで、
70センチを実感できるものはたくさんあります。

それでは、それぞれのアイテムについて
詳しく見ていきましょう。

千円札と一円玉で70センチを測る方法

千円札の横幅は正確に15センチメートルです。

これを4枚横に並べると、合計で
60センチメートルになります。

しかし、70センチメートルには
まだ10センチメートル足りません。

そこで、一円玉を5枚用意します。

一円玉一枚の直径は2センチメートルなので、
5枚でちょうど10センチメートルとなります。

結果、千円札4枚と一円玉5枚を並べることで、
70センチメートルを測ることができます。

これらは普段から身近にあるものなので、
70センチメートルを手軽に測ることが可能です。

B4サイズの紙を使った測り方

B4サイズの紙の大きさは257mm×364mmです。

このうちの長辺364mmを基準に、
2枚を横に並べると合計で728mm、
すなわち約72.8センチメートルとなり、
これはおおよそ70センチメートルに近い長さです。

B4サイズの紙は、履歴書や原稿用紙、
新聞のチラシなど、さまざまな用途に用いられます。

紙は曲線などの測定にも柔軟に対応できるため、
非常に便利です。

成人の腕の長さの平均

日本人成人の腕の長さは、
女性で平均67センチメートル、
男性で平均74センチメートルとされており、
これは大体70センチメートルと考えることができます。

腕の長さは人によって異なりますが、
自分の腕を使って概算で測定することが可能です。

これは、家具を選ぶ際などに
大まかなサイズ感を確認するのに役立ちます。

身長160センチメートルの人の股下の長さ

身長160センチメートルの成人の股下の長さは、
男性で平均72センチメートル、
女性で平均70.4センチメートルとされ、
これも約70センチメートルと言えます。

股下の長さを知っていると、
服を選ぶ時にサイズを正確に把握でき、
特にオンラインでの購入が楽になります。

カラーコーンの高さ

道路工事などでよく見る赤いカラーコーンは、
ほとんどが70センチ前後で作られています。

特に、道路工事用のカラーコーンには
70センチという高さが一般的です。

サイズにはバリエーションがありますが、
工事現場で見かけるのは主に70センチのものです。

バドミントンのラケットの長さ

バドミントンのラケットには、
公式の競技規則でフレームの長さが680mm
(約70センチ)以内でなければならないと
定められています。

遊び用のバドミントンラケットでは
この規則に従っていないこともありますが、
部活動などで使用されるラケットであれば、
70センチの長さを知る手がかりになるでしょう。

テニスのラケットの長さ

テニスのラケットも、
その大きさには明確な規格があります。
たとえば、ある有名な
テニストーナメントの公式サイトによると、
ラケットのフレーム全長は73.7cmと細かく規定されています。

バドミントンと同じくラケットを
使用するスポーツですが、テニスのラケットは
少し大きめに作られています。

 

まとめ

家庭で一般的に使われる物差しは
30センチメートルまでのものが多く、
70センチメートルを測るのは一見難しそうに感じます。

しかし、日常的に手に入るものを使えば、
簡単に70センチメートルを測定することができます。

この方法は覚えやすく、
他の場面でも役立つでしょう。

この記事が、70センチメートルの長さを理解し、
日常生活に役立てる助けになれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました