tsutayaと蔦屋書店の違いとは?その関係性について

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

違い

「tsutaya」と「蔦屋書店」、この二つの名前を聞いて、
どういった関係にあるのか気になったことはありませんか?

実際に、「TSUTAYA○○店」と
「蔦屋書店○○店」という看板を
目にする機会もあるかと思いますが、
これらの間にはどのような繋がりがあるのでしょうか。

また、蔦屋重三郎について、彼がどのような存在で、
どんな関連があるのかも気になるところです。

tsutayaと蔦屋書店の本質的な違いとは?

実のところ、tsutayaと蔦屋書店は
運営する組織が異なります。

TSUTAYA

TSUTAYAは
カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が
運営を手掛けているのに対し、

蔦屋書店

蔦屋書店はフランチャイズ方式で
トップカルチャーが管理しています。

しかし、両者は
カルチュア・コンビニエンス・クラブという
同一の企業グループの下で活動しており、
蔦屋書店が書籍の販売を、TSUTAYAがレンタル事業
それぞれ担当しているという体制になっています。

「TSUTAYA」と「蔦屋書店」の違いをもう少し詳しく!

「TSUTAYA」と「蔦屋書店」は、
カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)によって
運営されているものの、事業の焦点が異なります。

TSUTAYAはエンターテインメントの販売や
レンタルに特化しているのに対し、
蔦屋書店はライフスタイルに密接した書籍や
文化的な商品の提供に力を入れています。

TSUTAYAでは映画や音楽、ゲームのレンタルサービスが
主であり、多くの店舗にはカフェや
ショッピングスペースが設けられています。

一方、蔦屋書店では、書籍やアート作品を中心に、
生活を豊かにするアイテムを提供し、
店舗では様々なイベントが積極的に開催されています。

つまり、TSUTAYAは
エンターテインメントを楽しむ場所として、
蔦屋書店は文化や生活を充実させるための
書籍や商品を提供する場所、ということになります。

TSUTAYAの名前

TSUTAYAの名前は、創業者が持つ
歴史ある家の屋号を敬って名づけられました。

この屋号は江戸時代に版画出版で名を馳せた
蔦屋重三郎に由来していますが、直接のつながりはありません。

ただし、創業者は現代の蔦屋を
目指すという願いを込めました。

蔦屋重三郎は版画出版を通じて
多くの芸術家を支援し、浮世絵の世界に
大きく貢献した人物で、彼の影響は出版業にとどまらず、
広範囲に及んでいます。

TSUTAYAブランドの特徴

また、TSUTAYAブランドでは、
フランチャイズの店舗が直営店よりも多いのが特徴です。

カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社は
2006年3月1日にフランチャイズ事業を
株式会社TSUTAYAに移行しました。

このフランチャイズシステムにより、
加盟店は「TSUTAYA/蔦屋書店」の名前を使って
営業することが許可され、
同じようなサービスを提供することができます。

その代わりに加盟店は売り上げの一部を
ロイヤリティとして支払います。

加盟店は「TSUTAYA」や「蔦屋書店」のブランドを
使用することも、自社ブランドでの
運営を選択することもできます。

「TSUTAYA」と「蔦屋書店」の違いについて説明します。

タイトルとURLをコピーしました