セーターのクリーニングの頻度と長持ちさせるポイント!

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

洋服
スポンサーリンク

 

冬のファッションに欠かせないセーターは、温かくておしゃれですが、縮みや毛玉、色落ちなど、気になる点も多いですよね。

クリーニングに出すのは、どのくらいの頻度が適切でしょうか?実は、シーズン中に1〜2回クリーニングに出せば十分です。

セーターを長持ちさせるためのクリーニングの仕方や、お家でできるケアについて、わかりやすくお伝えします。

セーターはシーズンに1回クリーニングがベスト

セーターは冬のファッションの定番アイテムです。

暖かくて可愛いだけでなく、ふんわりした素材感も魅力です。でも、セーターの洗濯って悩みませんか?

アクリル、ウール、アルパカ、カシミヤなど、セーターにはいろいろな素材が使われており、中には家で洗えるものもあります。

おしゃれ着用洗剤を使って、洗濯機のドライコースやソフトコースで洗えますが、縮みや毛玉、色落ち、風合いの変化などには注意が必要です。大切なセーターは、クリーニングに出すのが無難でしょう。

セーターの中には、水に弱い素材を使っているものもあります。これらのセーターは、専用の溶剤を使ったドライクリーニングが必要です。

家庭での洗濯は難しいため、クリーニングに出すしかありません。ただし、頻繁にクリーニングに出すと、セーターが傷んでしまうこともありますし、費用もかさみます。

逆に、クリーニングをあまりしないと、汗や汚れが溜まってしまいます。

セーターをクリーニングに出す理想的な頻度は、「シーズン終了後に1回」です。

洗濯しにくい素材を使っているセーターは、クリーニングの回数を減らすことで長持ちします。シーズン終了後にクリーニングに出し、衣替えの時にしまうのが良い方法です。

ただし、汚れがついたり、汗をかいた場合は、できるだけ早くクリーニングに出しましょう。クリーニングに出すまでの間は、家庭で適切にケアすることが大切です。

そのケアの方法については、次のセクションでお伝えします。

セーターを長持ちさせるケアの方法

セーターはクリーニングに出していても、数回着ると毛玉ができたり、シワがついたりしやすいですよね。

「セーターだから仕方ない」と諦めていませんか?実際、セーターはクリーニングだけではなく、日々のお手入れも大切です。

ただし、難しいことはありません。今シーズンもお気に入りのセーターをきれいに着続けるために、簡単なお手入れ方法をお伝えします。

セーターは着た翌日に休ませる

セーターは1回着ると、シワやヨレができてしまいます。これを元に戻すには、ハンガーにかけたり、平らな場所に広げたりして、数日休ませるのが効果的です。

連続で着るとシワが固定されてしまうので、1日着たら休ませるようにしましょう。休ませた後は、畳んで収納して大丈夫です。

毛玉は見つけたらすぐに取る

セーターは毛玉ができやすいので、バッグなどがこすれないように注意しても、毛玉ができることはあります。

毛玉ができたら、すぐに取り除くのがポイントです。

毛玉取り器を使って、早めに処理しましょう。

ブラッシングでセーターを整える

セーターを着た後は、ブラッシングしてホコリを取り、毛並みを整えましょう。

馬毛などの柔らかいブラシで、優しくなでるようにブラッシングします。これで、毛玉の予防にもなり、セーターをきれいに保つことができます。

まとめ

セーターをクリーニングに出すのは、シーズン終了後の1回で十分です。ただし、汚れや汗がついた場合は、早めにクリーニングに出しましょう。

日々のブラッシングや毛玉取り、セーターを休ませるなどのケアで、セーターをきれいに長持ちさせられます。

正しいお手入れで、お気に入りのセーターを長く着続けましょう。

タイトルとURLをコピーしました