YouTubeでの「Out of Memory」エラーの原因と対処方法

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

YouTube

YouTubeでライブ配信をしているときに「エラーコード: Out of Memory」と表示されたことはありませんか?

特にGoogle ChromeでYouTubeや他のウェブサイトを利用している際に「エラー:ウェブページの表示中に問題が発生しました。

エラーコード: Out of Memory」というメッセージが表示される場合、どう対応すればいいのでしょうか。

YouTubeのOut of Memoryエラーに対する解決ガイド

YouTubeでライブ配信をしている際に「エラーコード: Out of Memory」というメッセージが表示される場合があります。

このエラーは主に、使用しているPCやブラウザのメモリが不足していることが原因です。

この問題を解決するための対策を以下にまとめました。

インターネット接続の速度を確認する

インターネットの速度が遅いと、ライブ配信のデータがうまく読み込まれず、エラーが発生する可能性があります。

異なるブラウザやデバイスで試してみる

エラーが特定のブラウザやデバイスに限られているかどうかを確認してください。

もし他の環境でも同じエラーが発生する場合、問題は配信元にある可能性が高いです。

サポートに連絡する

上記の手順を試しても問題が解決しない場合は、YouTubeのヘルプセンターを参照するか、サポートに直接問い合わせてみてください。

Out of Memoryエラーの原因

YouTubeのライブ配信中に「エラーコード: Out of Memory」と出ると、配信の視聴が中断されることがあります。

具体的な原因と対策は以下の通りです。

ブラウザのメモリ不足

ライブ配信ではブラウザが大量のメモリを消費します。

他のタブや拡張機能が多く動作していると、利用可能なメモリが不足し、エラーが発生する可能性があります。

PCのメモリ不足

PCに搭載されているメモリが足りない場合、ライブ配信に必要なメモリを確保できず、エラーが生じることがあります。

仮想メモリの不足

物理メモリが不足した場合に使用される仮想メモリが足りないと、必要なメモリを確保できず、エラーが発生することがあります。

古いブラウザの使用

使用しているブラウザのバージョンが古いと、必要な機能がサポートされていないため、エラーが発生することがあります。

YouTubeでのOut of Memoryエラー対策

ブラウザの最適化

不要なタブやアドオンを整理する

ライブ配信時には、使用していないタブやアドオンを閉じることでメモリの使用量を減らすことが効果的です。

ハードウェアアクセラレーションを活用する

この機能をオンにすると、GPUが動画処理を助け、ブラウザの負荷を軽減します。

キャッシュとクッキーを定期的に削除する

ブラウザのパフォーマンスを向上させ、エラー発生を防ぐために定期的にキャッシュとクッキーをクリアすることが推奨されます。

PC設定の調整

仮想メモリを調整する

仮想メモリのサイズを増やすことにより、実際のメモリが不足した際に役立つバッファを強化できます。

不要なプログラムを終了する

使用していないプログラムは終了させ、PCのメモリリソースを解放しましょう。

システムの健康状態をチェックする

管理者権限でコマンドプロンプトを開き、次のコマンドを実行してシステムファイルの修復とメンテナンスを行います。

– `DISM.exe /Online /Cleanup-image /Scanhealth`
– `DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth`
– `sfc /scannow`

仮想メモリの設定方法

システムプロパティにアクセスする

Windowsの「システムの詳細設定」から「詳細設定」タブの「パフォーマンス」設定へ進み、仮想メモリの設定を行います。

ページングファイルをカスタマイズする

カスタムサイズを設定し、適切な初期サイズと最大サイズを入力して適用します。設定変更後には、PCを再起動して変更を有効化します。

ブラウザのアップデート

最新バージョンへの更新

ブラウザを最新の状態に保つことで、新機能やセキュリティの強化を享受し、ライブ配信時のパフォーマンスを向上させることができます。

PCメモリの増設

メモリを増設する

PCのメモリが不足している場合は、物理的にメモリを増設することで、複数のアプリケーションやデータの同時処理能力を向上させることが可能です。

 

タイトルとURLをコピーしました