大分の方言でかわいい言葉は?告白やキュンとさせたい時に使う方言を紹介!

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

未分類

この記事では、大分県のユニークな方言の
特徴と魅力について紹介しています。

 

この部分では、大分県特有の可愛らしい言い回しを持つ
方言の単語をいくつか紹介しています。

キュンとする言葉

「~じょう」

とは「~ばかり」を意味する大分方言で、
文末の「ちょん」が可愛らしさを演出します。

「あんたんことが頭から離れんじ、せちい」

という言葉は
「あなたのことが頭から離れなくて、切ない」
という深い感情を表現しています。

「あんたんことが好きやけん、わしと付き合うち?」

は、
大分県の方言で「あなたのことが好きだから、
私と付き合って?」という意味の告白です。

このストレートな告白は心に響くものがあります。

「しんけん」「しらしんけん」

という言葉は、大分県でよく使われるもので、
「一生懸命」という意味以外にも、「とても」や
「すごく」という強調を表す際にも用いられます。

「あんたんことがしんけん、しらしんけん好き!」
というフレーズは「あなたのことがとても、とても好き!」
という意味です。

「なんでやろう?あんたんことんじょー考えちょん」

という言葉は「なんでだろう?あなたのことばかり考えてる」
という意味になります。

直接告白するのが恥ずかしいとき、このように
少し遠回しに感情を表現するのが良いかもしれません。

「せちい」

という方言は「切ない」だけでなく、
「面倒・キツイ」という意味でも使われます。

この部分では、大分県の方言の魅力と
その意外な面を掘り下げています。

大分県の方言は、その可愛らしい単語や
語尾で知られていますが、中には意外に
怖い意味を持つ言葉も存在します。

「やけん」

は「だから」という意味で、
文末の「~ち?」は「~して?」の意味になります。

「あんた」

という言葉は大分県の方言で「あなた」を表します。

大分の方言でかわいい言葉は?

これらの方言は日常会話でよく使われ、
聞く人に愛らしい印象を与えます。

「めんどしー」

という方言は「恥ずかしい」
という意味を持ち、恥じらう感情や照れを
表す際に使用されます。

この言葉は、恥ずかしさのあまり
顔を下向きにする様子から「面を倒す」
という意味に由来するとされています。

これらの方言は、大分県特有の言葉として、
日々の会話に彩りを加えています。

このパートでは、大分県の方言を使った、
心に温まる可愛い告白の言葉をいくつか紹介しています。

「こうて」

「買って」という意味の方言で、
何かを買ってほしい時に使われる愛らしい表現です。

「しゃっち・しゃって」

「無理に・わざと」という意味を持つ方言で、
強引な行動を示す際に使われます。

「いけん」

大分県の方言で、「行けない」という意味です。

否定形ですが、その響きは可愛らしく感じられます。

「えらしー」

「かわいらしい」という意味で、
大分県では褒め言葉としてよく使われます。

 

「ほおたん」

とは「頬」を意味する方言で、
頬に関連する状況で使われる愛らしい言葉です。

「たん」をつけることにより、より親しみやすく
可愛らしい印象を与えます。

 

「しらしんけん」

「一生懸命」の
最上級を表す言葉で、「しんけん」に
「しら」が加わることで意味が強調されます。

「ずるきー・ずりきー」

「ずるい」という意味で、
語尾の変化が可愛らしい印象を生み出します。

これらの方言は大分県の魅力の一部であり、
日常の会話に親しみやすい雰囲気を加えます。

「なしか?」

大分県で「なんで?」「なぜ?」
という疑問を表す方言です。

日常会話で頻繁に使用されるこの表現は、
疑問や不思議に思う気持ちを表す際に役立ちます。

「がまだす」

「がんばる」という意味で、
地元では努力や精進を表す際に用いられる言葉です。

「にごじゅー」

という方言は「お手上げ」
という意味を持ち、困難な状況や諦めを
表現する時に用いられます。

この言葉は、掛け算の「2×5=10」と混同しやすい
ユニークな響きが特徴です。

 

意外に怖い意味を持つ言葉

「どぉくんな」「さじぃ」「とぼけんな」

といった怒りを表す大分県の方言もあり、
これらは軽く怒っているよりもかなり激しい怒りの時に
使われることが多いです。

「~ちゃ」

という語尾についてです。

これは大分県の方言の特徴的な部分で、
「ラムちゃん語」との関連がしばしば話題になります。

実際には、「~だっちゃ」「~っちゃ」といった表現は
他の方言にも見られます。

大分方言では「だっちゃ」という形で
「だ」が使われず、「っ」も入らないため、
ラムちゃんの言葉のルーツではないと考えられています。

 

また、「はがいい」

という方言は「腹が立つ」という意味で、
大分県では怒りを示す言葉です。

この言葉を「歯が良い」と勘違いしてしまうと、
相手の怒りに気づかないでトラブルになる可能性があります。

 

最終的に、大分県の方言には「しんけん」「ずるきー」といった
標準語にはないかわいらしい表現が豊富にあります。

特に語尾が「ちゃ」「ち」に変わる部分は、
多くの人々を魅了しています。

 

たとえば、「ちちまわす」という言葉は
柔らかく可愛らしい響きがありますが、
実際には怒りを表す時に使われる方言です。

この言葉が、あるアニメキャラクターによって
使われた際に注目を集めました。

キャラクターが「コラーーーー!」と怒るシーンで用いられ、
「どういう意味?」と多くの人が関心を示しました。

地域によっては「ちちころす」「ちまわす」などと
少し異なる表現がありますが、「ちちころす」は
怖いイメージを持ちつつ、「ちちまわす」「ちまわす」は
怒りを表すものの、直接的な怒りとは感じにくい表現です。

まとめ

別府温泉や湯布院温泉などの有名な観光地と同じく、
大分県は独特な方言でも知られています。

特に、語尾に「ちゃ」や「ち」をつける言い方や、
「て」が「ち」「ちぇ」「ちょ」に変化する表現が
魅力的だと言われています。

この記事では、そうした可愛らしい方言や、
告白の際に使われる表現を紹介しています。

大分県の方言は地域によって5つの異なるタイプに
分かれており、それぞれ東北海岸方言、南部海岸方言、
西部方言、北部方言、南部方言と呼ばれます。

これらの方言が異なる理由は、山に囲まれた地形や、
過去に多くの小藩が存在した歴史が影響しています。

さらに、本州や四国との交流も独特な方言を
形成する一因となっています。

地域によってイントネーションや文法が異なり、
九州方言の「ばい・たい」や「ばってん」
といった特徴を使わない地域もあります。

中国地方や高知県の言葉の影響を受けているため、
「きつい」と評されることもある大分方言ですが、
「女の子が話すとかわいい」とも言われています。

大分県の方言には怖い言葉も含まれていますが、
可愛らしい表現も多く、覚えて使ってみると楽しいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました