2023-2024年末年始、JR西日本など関西地域の鉄道ダイヤ変更のまとめ!

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

未分類

今年も11月が始まり、
2023年の終わりが近づいています。

関西地域の鉄道会社では、
年末年始に向けて特別なダイヤを実施する予定です。

ここでは、各主要鉄道会社の年末年始の
特別運行スケジュールをご紹介します。

ご利用の際の参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

– JR西日本:

– 2023年12月30日(土)と31日(日)は、
通常の土休日ダイヤが適用されます。

– 大晦日の特別運行:

– 大阪環状線:

外回り・内回りともに深夜3時まで10分おきに運行
(桜島線(ゆめ咲線)への直通運転もあり)。

– 桜島線(ゆめ咲線):

西九条~桜島間を23:30から3:00まで10分おきに運行
(大阪環状線への直通運転もあり)。

– 大和路線:

JR難波~奈良間を深夜3時まで30分から60分おきに運行
(JR難波~王寺間は30分おき、王寺~奈良間は60分おき)。

– 奈良線:

京都~城陽間を深夜3時まで30分おきに運行。

– 桜井線(万葉まほろば線):

奈良~桜井間を23時から3時まで40分おきに運行。

– 東海道・山陽本線(JR京都線・JR神戸線):

京都~大阪~西明石間は京都~高槻間を40分おき、
高槻~西明石間を20分おきに運行。

– 片町線(学研都市線・JR東西線):

四条畷~京橋~尼崎間を40分おきに運行。

– 2024年1月1日(月・祝日)から3日(水)までは、
土休日ダイヤが適用されます。

– 近畿日本鉄道の年末年始ダイヤ:

– 2023年12月30日(土曜日)と31日(日曜日)は、
通常の土休日ダイヤが適用されます。

– 大晦日の特別運行について:

– 大阪線特急列車:

大阪難波から五十鈴川へ向かう列車が30~60分間隔で7本、
逆方向は6本運行されます。

– 「ひのとり」特急列車:

大阪難波発は0:00、1:00、2:00、五十鈴川発は2:35(大阪難波行)、
3:35(大阪上本町行)、4:08(大阪難波行)です。

– また、大阪難波~名古屋・五十鈴川間には、
12月30日と31日に臨時特急列車が2往復運行されます。

– 普通列車の運行:

大阪上本町~榛原・名張間では、
約30分間隔で23本の列車が運行されます。

– 奈良線の運行計画:
– 特急列車:

大阪難波から近鉄奈良へは0時と2時に1本ずつ、
逆方向は1時と3時に1本ずつ運行されます。

– 普通列車:

大阪難波から近鉄奈良まで、
20~30分間隔で合計29本が運行されます。

– 京都・橿原・天理線の特別ダイヤ:

– 特急列車:

京都から宇治山田へは1時台に1本、
五十鈴川から京都へは3時台に1本。

京都・大和西大寺から橿原神宮前へは0時と3時台に各1本、
橿原神宮前から大和西大寺・京都へは1時と4時台に各1本、
大和西大寺から京都へは0時台に1本。

– 普通列車(一部急行):

京都・新田辺から大和西大寺~橿原神宮前間は20~30分間隔で33本、
京都・平端から天理間は30~50分間隔で16本運行されます。

– けいはんな線:

長田から学研奈良登美ヶ丘までの間、
30~60分間隔で23本が運行されます。

– 生駒線:

生駒から王寺までの間、80~100分間隔で6本が運行されます。

– 信貴線:

河内山本から信貴山口までの間、
30分間隔で20本が運行されます。

スポンサーリンク

 

– 南大阪線の運行計画:

– 特急列車:大阪阿部野橋から橿原神宮前へ向かう列車が
2時台に1本、逆方向も1時台に1本運行されます。

– 普通列車(一部準急):

大阪阿部野橋から橿原神宮前まで、
30分間隔で15本が運行されます。

大阪阿部野橋発の最終列車は2時20分まで、
橿原神宮前発の最終列車は1時40分までです。

古市行きの最終列車は橿原神宮前発3時25分です。

その他の路線についての情報は次のとおりです。

– 道明寺線:

20~40分間隔で運行され、最終列車は道明寺発2時34分、
柏原発2時42分までです。

– 御所線:

50分間隔で運行され、最終列車は尺土発3時37分、
御所発2時45分までです。

– 長野線:

大阪阿部野橋、古市、河内長野間で30分間隔で運行され、
最終列車は古市発2時28分、河内長野発2時50分までです。

ケーブルカーとロープウェイ路線にも
特別なダイヤが設定されています。

– 生駒ケーブル:

鳥居前から宝山寺間は10分間隔で54往復、
宝山寺から生駒山上間は5時30分頃から
10~20分間隔で約18往復運行されます。

– 西信貴ケーブル:

信貴山口から高安山間は20~30分間隔で
29往復運行されます。

– 葛城山ロープウェイ:

葛城登山口から葛城山上間は
5時10分頃から30分間隔で約8往復運行されます。

– 2024年の運行について:

– 2024年1月1日(月曜日・祝日)から3日(水曜日)までは、
土休日ダイヤで運行されます。

– 2023年の運行計画:

– 12月30日(土曜)と31日(日曜)は、
京阪電気鉄道全線で土休日ダイヤを適用します。

スポンサーリンク

– 大晦日の深夜運行スケジュール:

– 京阪本線と鴨東線

では、12月31日(日)の18:00から2023年1月1日(月・祝日)まで、
特別運行を実施します。

– 特急列車

は淀屋橋発で23時台まで約20分間隔で運行されます。

– 急行列車

は淀屋橋発が1時台まで約20~30分間隔、
出町柳発が2時台まで約20~30分間隔で運行されます。

– 準急と普通列車

は約15~30分間隔で運行されます。

– 中之島線

では、23時台は約10~30分間隔、
24時台は約30~40分間隔で
普通列車が運行されます。

– 宇治線と交野線

では、23時台は約20~30分間隔、
24時台は約30~40分間隔で
普通列車が運行されます。

– 石清水八幡宮ケーブル

は、約5~15分間隔で運行されます。

– 大津線

においては終夜運転は行われません。

– 2024年の運行計画:

– 京阪線

は、2024年1月1日(月・祝日)から3日(水曜日)まで
正月ダイヤで運行されます。

– 正月ダイヤでは昼間は約15分間隔で列車が運行され、
快速特急洛楽号も運転されます。

– 京阪本線

では、特急、急行、普通列車が約15分間隔で運行されます。

– 中之島線

では、普通列車が約10~15分間隔で運行されます。

– 宇治線および交野線

では、普通列車が約15分間隔で運行されます。

– 石清水八幡宮参道ケーブル

は、約5~10分間隔で運行されます。

– 大津線

は土休日ダイヤでの運行となります。

– 京阪本線・鴨東線

においては、快速特急洛楽号が朝の出町柳行き5本、
夕方の淀屋橋行き4本で運行されます。

その運行時刻は以下の通りです。

– 淀屋橋から出町柳へは9:55、10:25、10:55、11:25、11:55発。
– 出町柳から淀屋橋へは16:16、16:46、17:16、17:46発。
– 運行される車両は、主に3000系が使用され、その他に8000系が運行されます。

– 南海電気鉄道:

– 2023年12月30日(土)と31日(日)は、
全路線で土休日ダイヤが適用されます。

– 大晦日の夜間運行:

– 南海本線では、難波から住之江間を約15~20分間隔、
住之江から高石間を約30~40分間隔で運行します。

なお、難波発の最終列車は2時20分発の高石行き、
高石発の最終列車は2時20分発の難波行きです。

– 高野線と泉北高速鉄道線は通常の土休日ダイヤで運行され、
夜間の運行延長はありません。

– 2024年は、1月1日(月・祝)から3日(水)まで土休日ダイヤで運行され、
住吉大社駅には区間急行・空港急行が臨時停車します
(実施時間は10:00~16:20発まで)。

スポンサーリンク
– 阪急電鉄:

– 2023年12月30日(土)と31日(日)は、
全路線で土休日ダイヤです。

– 大晦日には終夜運転は実施されず、
2024年1月1日(月・祝)から3日(水)も
土休日ダイヤで運行されます。

– 阪神電鉄:

– 2023年12月30日(土)と31日(日)は、
全路線で土休日ダイヤが適用されます。

– 大晦日に全線で終夜運転は実施されません。

– 2024年は、1月1日(月・祝)から3日(水)まで
土休日ダイヤで運行されます。

– 中小私鉄の運行情報:

– 泉北高速鉄道は、2023年12月30日(土)と31日(日)に
全線で土休日ダイヤを適用し、大晦日の終夜運転は実施されません。

2024年1月1日(月・祝)から3日(水)も同様に
土休日ダイヤで運行されます。

– 阪堺電気軌道は、2023年12月29日(金)と
30日(土)に土休日ダイヤを実施し、
31日(日)は臨時ダイヤで運行され、
19時以降は土休日ダイヤとなります。

大晦日に終夜運転は実施されず、
2024年1月1日(月・祝)から3日(水)は
臨時ダイヤで運行されます。

1月4日(木)も臨時ダイヤですが、
初発から午前7時頃までは土休日ダイヤとなり、
1月5日(金)からは平日ダイヤに戻ります。

天王寺駅前~我孫子道間は4~5分間隔、
恵美須町~我孫子道間は13~14分間隔、
我孫子道~浜寺駅前間は9分間隔で運行されます。

2023-2024年末年始の大阪市と京都市地下鉄の運行情報

2023年から2024年にかけての年末年始期間中、
大阪市の高速電気軌道(大阪メトロ)と
京都市交通局の地下鉄の運行スケジュールをお伝えします。

– 大阪市高速電気軌道(大阪メトロ)について:

– 2023年12月30日(土曜日)と31日(日曜日)は、
地下鉄全線とニュートラムで土休日ダイヤが適用されます。

– 大晦日の夜間、全線にわたる終夜運転は行われません。

– 2024年の1月1日(月曜日・祝日)から3日(水曜日)までは、
土休日ダイヤでの運行が予定されています。

– 京都市交通局について:

– 2023年12月29日(金曜日)、30日(土曜日)、31日(日曜日)も、
土休日ダイヤで運行されます。

– 大晦日には延長運転や終夜運転の予定はありません。

– 2024年の新年は、1月1日(月曜日・祝日)から3日(水曜日)まで、
引き続き土休日ダイヤで運行される予定です。

大阪市と京都市内で地下鉄をご利用の際のスケジュール計画に、この情報がお役立ていただければ幸いです。

タイトルとURLをコピーしました