「よいお年を」はいつからいつまで?!使える適切な時期 とは?!

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

未分類

年末が近づくとよく耳にする「よいお年をお迎えください」という挨拶。この言葉を聞くと、今年も終わりに近づいているんだなと感じますよね。しかし、いつからこの挨拶を使うのがふさわしいのか、疑問に思うことはありませんか?例えば、12月のどの時点からこの言葉を使うのが一般的なのでしょうか。この記事では、そんな疑問に答えます。

「よいお年を」はいつまで使えるの?

年末によく使われる「よいお年をお迎えください」という挨拶は、大晦日を除く12月の終わりまでに適したものです。

一般的には、「大晦日にもこの挨拶を使っていいのでは?」と考える人が多いかもしれません。

たしかに大晦日にもこの言葉を耳にすることはありますが、実際には大晦日には少し異なるニュアンスがあります。

通常、新年の準備は12月30日には完了しているのが普通です。

したがって、大晦日はもう新年を迎える準備が整っているため、「来年もよろしくお願いします」という挨拶の方が適切です。

しかし、現代社会では大晦日まで仕事をしている人も多く新年の準備が大晦日に及ぶことも少なくありません。

そうした場合には、「よいお年を」と「来年もよろしく」という挨拶を合わせて使うことで、その場の状況に合わせた挨拶が可能です。

「よいお年を」はいつから使えるの?

「よいお年をお迎えください」という挨拶は、元々は新年を迎えるという意味です。日本の伝統では、元旦に家に訪れる年神様を迎えるという意味もあります。

門松や鏡餅を飾るのも、年神様をお迎えする準備の一環です。この挨拶には、穏やかな新年を迎えるという願いが込められています。

では、いつから「よいお年をお迎えください」と言うのが適切なのでしょうか。

一般的には、12月中旬以降からが良いとされています。

11月末や12月初めに使うと、ちょっと早すぎるかなと思われることもあります。

しかし、12月初めに久しぶりに会った知人に対して、次に会うのが随分先になりそうなら、少し早めでも「よいお年を」と伝えることがあります。その際には「少し早いですが、よいお年をお迎えください」と言うと良いでしょう。

また、12月は多忙な月ですから、「お体に気を付けてください」といった気遣いの言葉を添えるのも良い方法です。年末にふさわしい挨拶は色々ありますので、「よいお年を」という言葉を急ぐ必要はありません。その時の状況に合わせて、適切な挨拶を選ぶことが重要です。

まとめ

「よいお年をお迎えください」というフレーズは、年の瀬に向けての特別な挨拶としての役割を持っています。この挨拶が期間限定であることが、その美しさや価値を高めています。忙しい年末にこの言葉を交わすことで、心がほっと安らぐような、特別な魅力があると言えるでしょう。だからこそ、この言葉を大切にし、適切なタイミングで使いたいものです。

タイトルとURLをコピーしました