電話を断られた!好きな人に電話拒否された時の対処法

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

未分類

気になる人から通話の申し出を断られたら、
残念な気持ちになりますよね。

思い切って連絡を試みたものの断られると、
「もしかして相手は自分に興味がないのでは?」
と不安に感じるかもしれません。

しかし、断られた時の対応によっては、
今後の展開に変化が生まれることもあります。

今回は、気になる人に通話を断られた際の
うまい対処法をご紹介します。

通話を断られて落ち込んでいる方は、
ぜひこの記事を参考にしてください。

通話を断られたら相手に興味がないと考えるべき?

まず、通話を断られた場合、相手が自分に興味がないと
判断するべきかどうかについて考えてみましょう。

結論としては、何度も通話を提案して断られ続けた場合、
残念ながら相手が自分に興味がない可能性は高いです。

性別に関係なく、気になる人とは忙しい時でも
時間を作って通話したいと思うもの。

ですから、忙しくても特に気になる人との通話のために時間を作ることが一般的です。

そうした中で、何度も通話を断られるというのは、
通話をする意欲がないということになり、
相手が自分に興味がないと考えられます。

気になる人に通話を断られた時の対処法

次に、気になる人に通話を断られた時の対処法を見ていきましょう。

通話を断られた後の対応によっては、
関係が好転する可能性もあります。

以下のポイントを参考にしてみてください。

理由を詮索し過ぎない

通話を断られた理由を詮索し過ぎることは避けましょう。

相手が通話を断る理由はさまざまです。

スケジュールが合わないために通話を断られた場合、
理由を詮索し過ぎると相手を遠ざけてしまい、
通話の機会を失うことにもつながります。

だから、通話を断られたとしても
理由を詮索し過ぎないことが大切です。

次に通話できる日を尋ねる

次に、通話が可能な日を相手に尋ねてみるのも一つの方法です。

相手の反応から、たまたまスケジュールが合わなかっただけで
断られた可能性もあります。

次に通話できる日を尋ねることで、
次の機会が生まれるかもしれません。

次の通話のチャンスがあるなら、
過度に落ち込む必要はありません。

ただし、「また今度」といったあいまいな返事が返ってきたら、
しつこくせずに諦めることも肝心です。

前向きな姿勢を維持する

通話を断られた際の対応法として、第三に
前向きな姿勢を維持することが大切です。

気になる人に通話を断られた時、
気持ちが沈んでしまうのは自然なことですが、
明らかに元気を失う態度や相手に冷たく接すると、
将来の関係が損なわれる恐れがあります。

ですから、どんなにショックを受けても、
相手に悪い印象を与えないよう、
その場では元気な振る舞いを心掛けましょう。

別のコミュニケーション方法を試みる

続いて、通話以外のコミュニケーション方法を試みるのもひとつの手です。

好きな人とのやり取りは、電話に限定されるわけではありません。

直接声を聞いて話すことが理想ですが、
相手が電話に消極的な場合は、別の方法で
コミュニケーションを取ることも検討しましょう。

たとえば、メッセージアプリで気軽にやり取りできるなら、
そこから関係を深めていくことも良い方法です。

通話を断られたとしても、必ずしも相手の興味がないとは限らない

これまでに通話を断られると相手に興味がないかもしれないと話しましたが、
実際には通話を断られただけでそう判断するのは早急です。

通話は集中を必要とするため、何かに没頭している時には
断られることがよくあります。

このような場合、相手が興味がないわけではないことも考えられます。

また、電話を苦手とする人も男女問わずいます。

通話が得意でない人は、興味があっても通話を断ることがあり、
そのため相手の関心の有無を判断するのは難しいものです。

したがって、相手の性格や嗜好によって通話を断ることがあるため、
通話を断られたからといってすぐに諦める必要はありません。

通話を断られた後の関係改善策

では、通話を断られた後にどう関係を良好にするかを見ていきましょう。

重要なポイントは以下の通りです:

– できるだけ早くデートを設定する
– LINEを日常会話に取り入れる
– デートや通話をしつこく要求しない

これらを詳しく見ていきましょう。

通話を断られた後の改善策①:早めにデートをセットする

通話を断られた後の第一歩として、
早めにデートをセットすることが重要です。

相手にもよりますが、基本的には早く会うことが望ましいです。

LINEのやり取りだけだと関係が停滞しやすいため、
早めにデートにつなげることが肝心です。

デートに誘う際は、相手の反応に応じてアプローチを変えます。

反応が良ければ「いつデートしよう?」と直接的に、
反応が悪ければ「今度一緒にお茶でもどう?」とソフトに誘います。

相手がポジティブな反応を示した場合は、
積極的に「デート」という言葉を使って誘うことが効果的です。

しかし、あまり関心がなさそうな場合は、
軽いお茶の誘いなどで様子を見ることが重要です。

ただし、通話が断られて、LINEでの会話も盛り上がらず、
直接会う機会もない場合は、
関係が進展しづらいと考えられます。

このような状況では、無理に追い求めるよりも、
時には諦めることが賢明です。

通話が断られた時の関係改善法②:日常的なLINEでのやりとり

通話を断られた後の関係を良くするための第二の方法は、
日常的なLINEでのやりとりです。

デートへの誘いは早めにするのが望ましいですが、
それ以外の時には、普段のLINEでのコミュニケーションが大切になります。

それでは、どのようなLINEを送ればいいのでしょうか?

答えは、日常の小さな話題についての軽い会話がお勧めです。

特に、関係がまだ発展途中の場合によくある間違いは:

– 自分だけが多くの文字を使っている
– 答えにくい質問を多くしている
– 深く考える必要がある話題を選んでいる

これらは相手に返信の重荷を感じさせることが多いです。

そのため、あまり深く考えずに
日常の話題を軽くやり取りすることが有効です。

適切なLINEの使い方については、
別の記事で詳しく説明していますので、ぜひ参照してください。

通話が断られた時の関係改善法③:デートや通話への催促を控える

通話を断られた時の脈ありに変える方法の三つ目は、
デートや通話への催促を控えることです。

特に関係があまり深くない場合、
行うべきことよりも避けるべきことの方が重要です。

特に無理に進めようとすることは逆効果になりがちです。

例えば、通話を断られても「少しでもいいから話そう」としつこくしたり、
「次に会えるのはいつ?」と何度も尋ねるのは避けるべきです。

また、LINEのやりとりが盛り上がっていないにも関わらず、
急に「お茶に行こう」と誘うのも適切ではありません。

恋愛でうまくいくためには、
複数の女性にアプローチすることが有効です。

一人に固執するよりも、複数の女性と関わることで、
自然とコミュニケーションスキルが向上し、
理想の女性を惹きつけるチャンスが増えます。

結論としては、日常的なやりとりを重視し、
デートや通話の催促は控えることが
脈ありに変えるためには重要です。

また、複数の女性との交流を持つことで、
より効果的なコミュニケーションが実現します。

通話を断る女性の心情について

① 通話自体が苦手

女性が通話を断る理由のひとつに、
単純に通話が苦手であることが挙げられます。

通話に対して抵抗を感じる女性は珍しくなく、
直接会って過ごすのは好きでも、通話には消極的な人もいます。

通話が好きな人から見れば、短い通話が
何の問題にもならないように思えるかもしれませんが、
通話中に話題が見つからず困る女性も実際にいます。

このように通話を断るのは、個々の好みや性格によるもので、
特別な心配はいらないでしょう。

② あなたと通話したくない場合

通話の申し出を断る女性の心理の二つ目は、
あなたと通話したくない、ということです。

率直に言うと、これは相手があなたに興味を持っていない明確なサインです。

たとえば、「電話するのは時間の無駄」と感じて、
「私は通話が苦手」と断ることがあります。

この状況を見極める際、メッセージのやり取りが活発なのに通話を断る場合、
通話が苦手なだけの可能性があります。

しかし、メッセージのやり取りも盛り上がっていない場合は、
あなたと通話することに興味がないということになります。

メッセージの交流を参考に、状況を判断するのが良いでしょう。

③ その時の気分による

通話を断る女性の心理の三つ目は、
その時の気分が通話に向いていないというものです。

通話が苦手であることや、あなたに興味がないわけではなく、
単にその時は通話する気分ではない場合があります。

気分が乗らない、少し落ち込んでいる、
他にやることがあるなどの理由で、通話を断ることはあります。

この場合、多くの女性は「また後で話そう」と提案したり、
次の予定を提案する際に応じてくれたりします。

気分の問題で通話を断られた場合は、
次に通話ができる可能性が高いので、
過度に心配する必要はありません。

通話を拒否された時、関係性が進展しづらい理由

基本的に、通話を拒否されると、
その人との関係が発展しにくくなります。

特に、マッチングアプリや合コンなどで知り合った相手に
通話を拒否されると、関係を進展させるのが困難になる傾向があります。

これには以下のような理由が考えられます:

– 関係性を深めるのが難しい
– 相手の関心が薄い
– メッセージのみではコミュニケーションが不十分

これらの理由を一つずつ見ていきましょう。

通話を拒否される理由①:関係性を深めにくい

最初の理由は、通話を拒否されると、
相手との関係を深めるのが難しいためです。

実際、メッセージのみで親しくなるのは非常に困難です。

メッセージだけで盛り上がることはありますが、
実際に会った時、期待と異なることも多々あります。

効果的なのは、通話を通じて関係を深めた後にデートすることです。

メッセージのみでは、返信が遅いこともあり、
会話が盛り上がりにくく、関係が発展しづらくなります。

実際には、1000回のメッセージよりも1回の通話のほうが、
相手との親密さを高めるのに役立ちます。

もちろん、バイト先や職場が同じなど、
定期的に会う機会があれば問題ありませんが、
そうでない場合は通話を拒否されると痛いです。

通話を拒否される理由②:相手の関心が薄い

二つ目の理由は、単純に相手の関心が薄いためです。

通話を拒否されるということは、
相手があなたにそれほど興味を持っていない可能性が高いと言えます。

本当に関心があれば、多少の困難を乗り越えてでも
通話しようとするはずです。

「私、通話が苦手」と言われた時点で、
恋愛における主導権が相手にあると言えます。

つまり、相手によって関係が左右される不安定な状態になっています。

例えば、電話の誘いに対して「えー!嬉しい、ありがとう」
という反応があれば、関係が良好である証拠です。

これぐらいの反応が得られるまで、
関係が良好であるとは言い難いでしょう。

簡単に言えば、通話が苦手というのは小さな問題で、
相手があなたに興味を持っていれば、
通話を受け入れる可能性は高いと言えます。

通話を断られた際にLINEでの対話スキルが重要な理由

通話の申し出が断られたとき、
関係性が発展しにくいもう一つの理由は、
LINEでの対話スキルが求められることにあります。

上手にLINEを使ってコミュニケーションを取ることで、
女性との関係を築くことは十分可能です。

もしLINEを通じて楽しませることができれば、
相手の好意を得ることができます。

実際に、私もLINEだけで女性との関係を深めた経験があります。

具体的なLINEの使い方については、別の機会にご紹介します。

しかし、多くの人はLINEでのやり取りに不安を感じています。

特に通話を断られた後や、LINEの会話が盛り上がらない時に
どうすべきか分からない人が多いのです。

中級者でも、LINEだけで関係を深めるのは難しく、
通話を断られたらなおさらです。

ただし、職場や学校で頻繁に会える状況なら問題ありません。

ここでの話は、そうでない場合に限ります。

まとめ:好きな人からの電話拒否への対処法

今回、好きな人に電話を断られた際の対処法について、
具体的な方法を詳しくご紹介しました。

電話を断られると、多くの人は失望し、
心が沈むことでしょう。

一般的に、電話の拒否は相手の関心が
薄いことを示す可能性が高いとされていますが、
相手の性格や特定の状況によっては、そうとも限りません。

したがって、電話を断られた後の対応次第で、
その後の関係に好転の余地があるかもしれません。

このことを考えると、すぐに落ち込むのは早計かもしれません。

適切な対応をすることが重要です。

もしも好きな人に電話を断られた場合は、
ぜひこの記事で紹介したアドバイスを参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました