何度で雪が溶け始めるのか? 気温が0度を超えたら、道路はどうなる?

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

天気
スポンサーリンク

雪はどのくらいの気温で
溶け始めるのでしょうか?

気温が0度を超えると、
それだけで充分なのでしょうか?

また、道路に積もった雪や氷は、
ある気温を超えるとどのように
反応するのでしょうか?

凍結した道路の氷はどれくらいの温度で
溶け出すのでしょうか?

何度で雪が溶け始めるのか? 気温が0度を超えたら、道路はどうなる?

雪は単に気温だけでは溶けず、
日光の影響を大きく受けます。

例えば、気温がマイナス5度でも、
日が強く差していれば雪は溶け出しますが、
プラス2度の夜ではほとんど溶けません。

これは、周囲の空気が動かないと、
雪に接している空気の温度が
ほぼ0度に保たれるからです。

川での雪解けも同様に、
水の温度が0度を超えることで進行します。

水蒸気が立ち上るのは、
その場の空気が水より冷たいからです。

玄関前に積もった雪に
スコップで切れ目を入れると、
空気がより多く触れるため、
理論上は溶けやすくなるはずですが、
風が吹き付けない限り、
溶ける速度は速くありません。

そのため、周囲の空気は
すぐに雪と同じ温度になり、
それ以上速く溶けることは期待できません。

雪を効率的に溶かすためには、
空気が直接触れる部分を
温かく保つことが重要です。

表面積が広いと有利ですが、
それ以上に風が大きな役割を果たします。

日光による効果も同様で、
照らされる面積が広いほど、
より早く溶ける傾向があります。

まとめ:雪が溶ける気温は何度? 0度以上?道路は?

直射日光が当たる場所では、
日中の気温が0度以下であっても雪は
すぐに溶け始めることがあります。

気温が高くなると、
雪の溶ける速度はより早くなります。

たとえば、2008年3月は
北日本で温暖な気候が続き、
記録的な速さで雪が溶けました。

一方で、気温が極端に低くても
晴れていると雪は解けにくいですが、
太陽が十分に当たらないと、
日中の気温が0度以下でも雪は
なかなか溶けません。

雪が溶けやすいのは晴れた日か、
雨が降った方がいいのかというと、
初めは雨が効果的ですが、
その後は日光が最も効果を発揮します。

根雪は、地表との微妙な隙間にある
下層の氷があり、それを溶かすには
雨の浸透力が必要ですが、
太陽光は雪の白さによって
ほとんど反射されます。

地表が露出して黒くなれば、
日光によって雪は迅速に減少します。

道路の凍結防止には、
塩化カルシウムなどの氷融雪剤が使われます。

これらは水に溶けることで凝固点を下げ、
気温がそれを下回っても
雪や氷を水に変えることができます。

また、塩化カルシウムが溶ける際に
発生する溶解熱も雪解けに寄与します。

タイトルとURLをコピーしました