雪が積もるための必要条件・気温はどのくらい?

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

天気

どれくらいの気温で雪が降り始めるのでしょうか?また、気温が1度以上でも雪が積もることはありますか?
雪が積もる気温の基準について教えてください。

雪が積もるための必要条件・気温はどのくらい?

一般的に、気温が7℃で湿度が40%未満であれば雪が降り、それ以上であれば雨が降るとされています。

雪が地上に達するかどうかは、地上の気温だけでなく、湿度も影響します。

湿度が低ければ雪が溶けずに地上に到達する確率が高くなりますが、湿度が高いと雪が降る途中で溶けて雨に変わる確率が高くなります。

例えば、地上の気温が5℃の時、湿度が30%であれば雪になり、湿度が80%であれば雨になります。

雨が降った後に雪に変わる場合、これは上空の気温が高く、水滴が形成された後、気温が下がったことを意味します。

湿度に関わらず、大気温度が0度に近づけば積雪の可能性があります。

また、冷やされた地表は一定の保温性を持ち、降雪が多ければ積もり続けることがあります。

雪が降り始める気温はどのくらい?

雪が降り始める気温は、大変乾燥している場合、約6℃でさえも雪が降る可能性があります。

通常、空気が乾燥している時は約4℃から、湿度が高い時は約2℃から雪が降り始めることが多いです。

ただし、地上の気温よりも上空の気温が大きく影響するため、例外は多く存在します。

空が冷えて空気が乾燥している場合は、雪は気化熱を失うため、10℃以上でも雪が降ることがあります。

0℃以下になると、ほとんどの場合、雪や雪交じりの降水が観測されますが、場合によっては霰や凍雨、着氷性の降水も発生することがあります。
– 凍雨:地上が氷点下でも、上空に暖かい空気が流れ込み、雨が降って地面で凍る現象です。

季節による雪の降り方

– 初冬

地表近くの気温が比較的高いため、0度以下にならないと雪や積雪になりにくいです。
– 春先:地表の気温が約5℃でも、上空の気温が低ければ雪が降ることがあります。

雪が地上に降る目安は、地表の気温が3℃以下で、上空1500m付近の気温が氷点下6℃以下の時です。しかし、これは一般的な目安であり、上空が冷えて空気が乾燥していれば、地表の気温が5℃や9℃であっても雪が降ることがあります。空気が乾燥している場合、雪片が落下途中で蒸発し、その際に奪われる蒸発熱が雪の溶解を防ぎます。

大雪が降る目安は、上空5500m付近の気温が氷点下36℃以下の時です。強い寒気が上空にあると、地表近くの暖かく湿った空気が上昇しやすく、積雲や積乱雲が形成されやすくなります。

雪が積もる条件と必要な気温

雪が降っても、すべての雪が地面に積もるわけではありません。雪が積もるかどうかは主に気温に左右されます。

この現象は、降る雪の質や量にも影響されます。

気温は上空の気温だけでなく、地表の気温とも密接に関係しているので、地表温度も無視できません。

湿度が高かったり低かったりしても、気温が十分に低ければ雪は積もります。

軽くてふわふわした雪は地面に触れるとすぐに溶けてしまいますが、粒のしっかりした粉雪は地面に残りやすく、積もりやすいです。

降雪量が多い場合には、軽い雪でも徐々に積もっていくことがあります。
(最初はシャーベット状から始まり、次第に積雪が進んでいきます)

 

タイトルとURLをコピーしました