「寒さ厳しき折」の使用と例文!敬語表現について

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

暮らし
スポンサーリンク

「寒さ厳しき折柄」という表現は、
寒中見舞いなどでよく使われます。

「折柄」とは特定の時期、
すなわち特定の季節を意味します。

つまり、「寒さ厳しき折」は
「この厳しい寒さの時期に」という意味です。

広辞苑では「折柄」を「ちょうどその時」と
説明しています。

年賀状でこのフレーズを使う際は、
上司など目上の人に「寒さ厳しき折、
ご自愛ください」と記すことは
失礼に当たりません。

また、「寒さ厳しき折から」と表現すれば、
文がスムーズに次へと繋がります。

「くれぐれもご自愛ください」
という言葉を添えることも可能です。

寒さを感じさせる冬の挨拶の例:

今日この頃は、冬のひだまりが格別に暖かく、
日増しに寒さが厳しくなっています。

日が落ちるのも早いこの季節には、
霜が降りるほど寒くなります。

12月における季節感あふれる話題:

自然界ではポインセチアやシクラメンが
見頃を迎え、食材ではブリや鮭、
アンコウが旬を迎えています。

また、正月準備やすす払い、
年末の大掃除などの行事が盛んに行われます。

冬至やクリスマスなどのイベントも
この時期に集中しており、季節を彩っています。

冬の時候の挨拶の例

師走を迎え、なにかと気ぜわしい毎日ですが
木枯らし吹きすさぶ頃となりましたが
寒い日が続きますが
寒気厳しき折から
寒気いよいよ厳しく
北風すさぶ季節
寒さもひとしお身にしみるころ
めっきり寒くなりました
寒さも本格的になってきました
本格的な冬将軍の到来です

これらの挨拶文は全て「寒さ厳しき折」
というフレーズを使用して、
冬の寒さを表現するとともに、
相手への敬意と感謝、
そして健康や成功を願う心温まる言葉選びで
構成されています。

寒さ厳しき折の挨拶文例

「寒さ厳しき折、今年も残すところわずかとなりました。皆様にとって、今年はどのような一年でしたでしょうか。来年も、皆様のご健勝とご多幸を心よりお祈り申し上げます。」
「寒さ厳しき折、皆様にはいかがお過ごしでしょうか。本年も、皆様のご支援を賜り、誠にありがとうございました。来年も、皆様のご健勝とご多幸を心よりお祈り申し上げます。」
「寒さ厳しき折、皆様にはいかがお過ごしでしょうか。今年も残すところわずかとなりました。本年も格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。来年も皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。」

 

これらの挨拶文は全て、
「寒さ厳しき折」という表現を使い、
冬の寒さを伝えつつ、相手への敬意と感謝、
健康と幸福を願う内容を織り交ぜた
丁寧な言葉選びで構成されています。

概要:「寒さ厳しき折」とは? 目上の方への年賀状での使い方について

「寒さ厳しき折」は正式な時候の挨拶として
用いられる表現です。

手紙や年賀状を書く際の構成は
以下のようになります:

– 頭語: 拝啓や謹啓など、
相手への敬意を示す言葉から始めます。

– 時候の挨拶: 季節や天候に関連した挨拶で、
文章の導入をやわらげます。

– 安否の確認: 相手の健康や近況に関する
気遣いの言葉を添えます。

– 本文: 「さて」と続けて、
伝えたい内容を記述します。

– 結び: 相手の健康や成功を願う
言葉で文章を結びます。

– 結語: 敬具など、謙虚な気持ちを込めた言葉で
締めくくります。

– 日付や署名、宛名も記入します。

 

タイトルとURLをコピーしました