お賽銭ガイド: 適切な金額と縁起の良い・悪い金額を知る

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

暮らし
スポンサーリンク

神社での初詣やその他の参拝時に捧げる
お賽銭には、どのような意味があるのでしょうか?

金額は個人によって異なり、
何円が適切かは一般に迷うところです。

また、縁起の良い金額や
避けるべき金額についての
語呂合わせもあります。

ここでは、お賽銭の意義、適切な金額、
縁起の良い金額と悪い金額について解説します。

お賽銭の意義とは?

お賽銭は、願い事を叶えてもらう代金ではなく、
願いが叶った際や日頃の感謝を表す奉納です。

「賽」の字には、
神仏へのお礼参りの意が込められています。

お賽銭を捧げることには、
自身を清める効果や罪を祓う
意味があるとも言われています。

お賽銭はいくらが適切?

お賽銭の金額に厳密なルールはありません。

大切なのは金額に対する
心のこもった思いや感謝の気持ちです。

その時の気持ちで選んだ金額が
最も適切とされています。

願いの大きさに応じて金額を
決めるという考え方もありますが、
何よりも心を込めて捧げることが重要です。

お賽銭で選ぶべき 縁起の良い金額と避けるべき金額

お賽銭を捧げるとき、
特定の金額を選んで縁起を担ぐ風習があります。

例えば、5円玉は「ご縁がありますように」
という願いを込めて選ばれることが多いです。

ここでは、どの金額が縁起が良いとされるか、
また縁起が悪いとされる金額についても説明します。

縁起の良いお賽銭の金額

以下に、語呂合わせで選ばれる
縁起の良い金額をいくつか挙げます。

– 5円:「ご縁があるように」と願って。

– 10円(5円2枚):
「重ね重ねご縁があるように」と願って。

– 15円:「十分にご縁があるように」と願って。

– 20円(5円4枚):
「良いご縁があるように」と願って。

– 25円:「二重にご縁があるように」と願って。

– 35円:「再三ご縁があるように」と願って。

– 40円(5円8枚):
「末広がりにご縁があるように」と願って。

– 45円:「始終ご縁があるように」と願って。

– 50円:「五重のご縁があるように」と願って。

– 55円:「いつでもご縁があるように」と願って。

– 105円:「十分にご縁があるように」と願って。

– 115円:「良いご縁があるように」と願って。

– 125円:「十二分にご縁があるように」と
願って。

– 485円:「四方八方からご縁があるように」と
願って。

21円や31円は割り切れない数字として、
恋愛や夫婦円満に良いとされています。

また、1万円は「円満に通じる」とも言われます。

 

お賽銭で避けるべき縁起の悪い金額

語呂合わせによって、
縁起が悪いとされる金額がいくつかあります。

以下はその例です。

– 65円: 「ろくなご縁がない」と言われています。

– 75円: 「何のご縁もない」と言われています。

– 85円: 「やはりご縁がない」と言われています。

– 95円: 「それでもご縁がない」と言われています。

– 500円: 「これ以上の効果(硬貨)はない」
と言われています。

また、10円は
「遠縁(とおえん)」を想起させるため、
縁起が悪いとされており、
通常は避けることが推奨されています。

穴のあるお賽銭の縁起

日本の硬貨には中央に穴が開いた
5円や50円があります。

これらを使用することに対する意見は
分かれますが、一般的には
縁起が良いとされています。

その理由として、5円は「ご縁」、
50円は「五重のご縁」を
象徴するという説があります。

さらに、穴から向こう側が見えることから
「未来が明るい」とも考えられています。

ただし、すべてを5円や50円で
準備する必要はなく、100円玉も普通に
使用して大丈夫です。

お賽銭の起源とは?

元々お賽銭は、神前に散布される
米や洗った米を白紙に包んで捧げる
「散米」や「おひねり」として
行われていました。

中世以降、貨幣の普及と共に
金銭が使われるようになりました。

あとがき

ここではお賽銭の意義や金額について
詳しく解説しました。

紙幣をお供えする場合、
白い封筒に入れるのが一般的です。

また、賽銭箱にお賽銭を入れる際は、
投げ入れずに礼儀をもって
丁寧に入れることが望まれます。

初詣などで神社が混雑している場合でも、
お供え物を丁寧に扱う心掛けは重要です。

タイトルとURLをコピーしました