6インチってどれくらいの長さ?実例を交えてご紹介

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

知識

6インチは、スマートフォンの標準的なサイズとして知られています。

最近では、大きめのiPhoneなどが増えてきたので、持っている方も多いでしょう。

では、6インチをセンチやミリに換算すると、どれくらいの長さになるのでしょうか?この記事では、6インチの具体的な長さや、身近なものと比較してどのくらいかを説明します。

6インチはセンチでどのくらい?

6インチをセンチに直すと、15.24センチです。

1インチが2.54センチなので、それを6倍にすると6インチが約15センチになるのがわかります。この記事の後半では、身近なものと比べた6インチの長さについても触れます。

6インチはミリでどのくらい?

インチをミリに直すと、6インチは152.4ミリです。

これは、さっきの15.24センチに10を掛けた数字ですね。

6インチのスマホやタブレットのサイズ

6インチのスマホやタブレットの画面サイズは、画面比率によって異なります。

以下に、代表的な画面比率ごとの長辺と短辺の長さを示します。

画面比率が16:9の場合

16:9の画面比率はワイド画面として知られていて、テレビやパソコンでもよく使われています。スマホでも16:9の機種が多く、この比率の6インチだと、長辺は13.28センチ、短辺は7.47センチです。

画面比率が4:3の場合

4:3の画面比率は、昔のブラウン管テレビや一部のタブレットで使われています。この比率の6インチだと、長辺は12.19センチ、短辺は9.14センチです。

画面比率が18:9の場合

最近のスマホは、16:9より縦長の18:9の画面比率が増えています。この比率での6インチだと、長辺は13.63センチ、短辺は6.82センチです。

画面比率が16:10の場合

16:10の画面比率は、16:9や18:9よりも正方形に近く、タブレットなどでよく使われます。この比率の6インチだと、長辺は12.92センチ、短辺は8.08センチです。

6インチの長さを身近なものでイメージする

6インチは15.24cmですが、この長さを実感できる例をいくつか挙げます。

卓球台のネットの高さ

卓球台のネットの高さは15.25cmで、6インチとほぼ同じです。オリンピックの卓球を見たことがあるなら、だいたいの大きさをイメージできるでしょう。

千円札の長辺

千円札のサイズは、縦76mm × 横150mmです。長辺がほぼ6インチで、差は0.25cmほど。6インチのiPhoneを持っているなら、千円札の長さと比べてみると分かりやすいです。

ハガキの長辺

ハガキのサイズは100mm × 148mmです。長辺は6インチよりも少し短いですが、大きさの目安にはなります。

iPhoneの6インチ台の縦横のサイズ

iPhoneには、正確に6インチのモデルはありませんが、それに近いサイズのものがあります。そうしたモデルの縦横の寸法について説明します。

6.1インチのiPhoneの縦横のサイズ

iPhone 12(第14世代)、iPhone 13(第15世代)、iPhone 14(第16世代)には、6.1インチのモデルがあります。このモデルの画面比率は特殊で、9:19.5です。縦横のサイズは次の通りです。

– 長辺:14.07cm
– 短辺:6.49cm

6.7インチのiPhoneの縦横のサイズ

iPhoneには、6.1インチよりも大きい6.7インチのモデルもあります。

最近のiPhoneは、以前のものよりも画面が大きく、タブレットに近づいています。これらのモデルの画面比率は同じく9:19.5で、寸法は次のようになっています。

– 長辺:15.45cm
– 短辺:7.13cm

まとめ

6インチは、タブレットでは小さめですが、スマホでは大きめのサイズです。

私自身は6.1インチのiPhoneを使っていますが、4インチのものより画面が広くて使いやすいです。

この記事が、6インチの長さを理解する手助けになれば嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました