「務める」「勤める」「努める」のそれぞれの意味

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

未分類

「務める」「勤める」「努める」は、すべて「ツトメル」と読む言葉ですが、意味内容は異なります。
「努める」は、ある目標や目的に向けて精進する、努力するという意味です。場合によっては「勉める」と表記されることもあります。
「務める」は、自分に割り当てられた任務や役割を遂行することを指し、責任を果たすことを意味します。
「勤める」は、職業や仕事に就き、それに従事することを表します。

【「務める」の例】

– イベントでの司会者を務める
– 重要な任務を務める
– 刑期を遵守する
– 家庭内での責任を務める

【「勤める」の例】

– 会社に勤める
– 毎日職場に通う

【「努める」の例】

– 病気の看護に努める
– 問題の解決に努める
– 研究活動に努める
– 涙を堪えて努める

これらの言葉は同じ読み方をしていますが、その意味や文脈における使い方には明確な違いがあり、適切な使い方をすることが大切です。

タイトルとURLをコピーしました