iPhoneの透明背景画像が白くなる原因と解決策!pngとは

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

未分類

iPhoneを使って写真を透明に加工した後、保存すると背景が白く変わってしまうことについて解説します。

また、以前は透明加工がうまくいっていたのに、突然できなくなった場合の対応策についても紹介します。

iPhoneで背景が白くなる理由と対処法

iPhoneやiPadで透明背景の画像を保存する際、自動で白背景に変わってしまうことがあります。

これにはいくつかの原因が考えられます。

透明pngで保存されてるか確認

まず、画像が透明PNGとして正しく保存されているかを確認してください。

保存されたファイルがJPEG形式になっている場合、iPhoneのストレージ管理が原因かもしれません。

画像サイズが小さい

また、画像サイズが小さい場合(例:400×400ピクセル以下)、透明PNGでも白背景になることがあります。

iPhoneやiPadの「写真」アプリでは、透明背景の画像(PNG形式)は黒または白で表示されますが、透明性は保持されています。

InstagramなどのSNSでは、アップロード時に自動的にJPEGに変換されることにも注意が必要です。

iPhoneのストレージを最適化する設定になっている

写真をiCloudに自動アップロードし、iPhoneのストレージを最適化する設定になっていると、ストレージの空き容量に応じて画像が自動的にJPEGに変換されることがあります。

PNGとは

PNGは、画像ファイルの一つの形式です。

JPEGとは違って、背景を透明にすることが可能です。

これにより、画像を重ねたり、特別な加工を行う際に特に便利な形式となっています。

iPhoneで背景透過に関するトラブル解決法

基本的な対処方法1

「設定」を開き、あなたのユーザー名の下にあるiCloudの設定に進みます。

そこで「写真」のオプションを選び、「オリジナルをダウンロード」に設定を変更してください。

基本的な対処方法2

2. 保存されているファイルの名前をチェックします。

重要なのは、ファイルがPNG形式で保存されているかどうかです。JPEGなど他の形式で保存されている場合、背景透過が適用されていない可能性があります。

基本的な対処方法3

3. スマートフォンのストレージ容量を確保しましょう。

不要なデータやアプリを削除して、十分な空き容量を作り出します。

まとめ:iPhoneで背景透過が白くなる原因と対処法

iPhoneで背景透過が白くなる主な原因は、画像サイズが小さいことやストレージ容量の問題です。

透明背景の画像を確認する際は、ファイル名の拡張子が「.gif」、「.png」、「.jpg」のどれであるかをチェックしてください。

jpg形式の場合、透明情報は失われています。透明画像を保存する際は、必ずpng形式であることを確認しましょう。

パソコンで編集する場合は、透明背景のレイヤーのみを保存するようにしてください。また、カメラロールで白い背景が表示される場合でも、実際には透明背景として保存されていることがあります。

iPhoneをダークモードに設定してカメラロールを確認し、背景が変わらない場合は透明画像として正しく保存されています。透明でなくなってしまった場合、主な原因は画像サイズの小ささです。

ファイルフォルダに保存してから使用すると、透明性が保たれる可能性があります。

タイトルとURLをコピーしました