【4月の初旬・中旬・下旬】季節の挨拶の書き方と活用例

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

暮らし

4月の初旬から下旬にかけての
季節を感じさせる挨拶の始め方と終わり方、
そしてそれをどう活用するかについてご紹介します。

ビジネスシーンで使うフォーマルな表現
(漢字を使った文体)と、
日常会話で使うフレンドリーな表現(口語)
の両方を取り上げます。

この記事では、4月の各期間に合わせた
「時候の挨拶」の使い分け、
例文、そしてそれらの具体的な使い方を
詳しく説明していきます。

ビジネスの取引先や、
感謝の気持ちを伝えたい人への手紙では、
季節にちなんだ「時候の挨拶」を用いるのが一般的です。

4月にふさわしい「時候の挨拶」はさまざまあり、
月の初旬・中旬・下旬に応じて適切な言葉を選ぶことで、
より季節感を表現することができます。

ビジネスコミュニケーションでは、
正式な漢字を用いた表現と、
カジュアルな口語表現とを
うまく使い分けることが求められます。

そこで、この記事では
4月の初旬・中旬・下旬に使える挨拶の開始と締め方、
そしてフォーマルからカジュアルまでの表現例をご紹介します。

時候の挨拶の作成ガイドとその活用方法

普段の生活であまり使わないため、
時候の挨拶に不慣れな人も多いかもしれません。

特に文書を書くとき、
どのように表現すればいいか迷うことはよくあります。

しかし、時候の挨拶には定められた形があり、
それに沿って書くことで、
簡単に文章を組み立てることができます。

ここでは、その基本的な構成と書き方について解説します。

序文

序文は、文書の始まりの部分です。

一般的には「頭語」に続いて
「時候の挨拶」が置かれ、

「相手の健康や幸福を祈る言葉や、
感謝、謝罪、喜びの共有」などを加える形が基本です。

本文

本文は、序文の後に来る、
文書の主要な部分です。

「起語」に続いて「主題」を展開します。

直接本題に入るのではなく、
「さて」や「ところで」などの起語を使ってから、
本題へと移行することが大切です。

結文

結文は、本文の後に配置され、
文書を締めくくる部分です。

「相手の健康や幸福を願う言葉」や
「今後の関係を期待する言葉」に加えて、

「具体的な用件(返事の依頼や伝言など)」と
「結語」で構成されます。

付記

付記は、結文の後に記載され、
「日付」、「署名」、「宛名」で構成されます。

「日付」は文書を書いた日付、
「署名」は送り主の名前、「宛名」は受取人の名前です。

一般的には使われない「脇付」や
「外脇付け」は、特別な場合を除き省略されます。

追記

追記は、付記の後に加える部分で、
「追伸」の役割を果たします。

本文で言及できなかった内容や、
特に強調したい情報を記載します。

ただし、縁起を担ぐ場合やビジネス文書、
目上の人への文書では使用を避け、
親しい人向けの手紙やはがきでの使用が推奨されます。

時候の挨拶の適切な使い分け

時候の挨拶には、公式な場で用いられる漢語調と、
日常会話向けの口語調の2種類があります。

漢語調は「〇〇の候」のように表現され、
フォーマルな文書や正式な場面に適しており、
文章を格調高くします。

一方、口語調は日常的な会話スタイルで、
親しみやすい印象を与えます。

どちらを使用するかは、相手との
関係によって異なりますが、
選び方に迷うこともあるでしょう。

漢語調を使うべき場合

– ビジネス関連の文書(会社、取引先、顧客等)
– 公式の書類
– 教育機関からの通信(幼稚園、学校等)
– 目上の人宛の手紙(先生、恩師等)
– あまり親しくない人への文書

それでも、ビジネスシーンや
公式の文脈であっても、
相手に親近感を示したい場合は、
意図的に口語調を選ぶこともあります。

相手との関係をよく考えて、
漢語調か口語調かを選ぶことが大切です。

口語調を使うべき場合

– 家族や親しい人
– 職場や学校の同僚、同級生
– 後輩
– 個人的に親しい友達や知人
– 恋人

時候の挨拶を選ぶ際は、
相手との関係や手紙の内容に応じて、
最適な表現スタイルを選択することが推奨されます。

4月向けビジネス文書の時候の挨拶(漢語調)

ビジネスの場では、
目上の人に対する文書や公式の文書には、
漢語調での時候の挨拶が適しています。

ここでは、4月にふさわしい漢語調での
挨拶の始まりの言葉と結び、
さらにそれを使用した例文をご紹介します。

挨拶の始まりの言葉

– 「春和の気配」
– 「春陽の輝き」
– 「春の満開」
– 「陽春の風情」

※「〇〇の気配」の「気配」は
「〇〇の季節」や「〇〇の時節」に変えても使えます。

ただし、「〇〇の時節」は通常、
女性が使用する表現です。

男性が使用しても間違いではないものの、
女性の表現として覚えておくと良いでしょう。

実際の例文

– 「春和の気配に際して、
貴社の更なる栄えを心から願っております。」

– 「春陽の輝きのもと、
貴社の進むべき道の一層の成功を祈ります。」

– 「春の満開を迎え、
貴社の持続的な発展を喜びとともに祝福します。」

– 「陽春の風情あふれるこの時に、
貴社のさらなる繁栄を願います。」

結びの言葉

– 「貴社の将来への飛躍に期待しています。」
– 「皆様の健康と事業の成功を心よりお祈りしています。」
– 「今後も変わらぬご支援とご協力をお願い申し上げます。」

具体的な使用例

「拝啓 春の満開の時を迎え、貴社が一層繁栄されていることを心から祝福いたします。いつも格別のお引き立てを賜り、心より感謝申し上げます。

(本文)
この季節、皆様のご健康とさらなる活躍を切に願っております。
敬具」

4月向けカジュアルなビジネス文書の時候の挨拶

ビジネス文書では、
形式ばった漢語調だけでなく、
長い関係性がある相手には
もっと親しみやすい
口語調の挨拶を使うことができます。

特に4月のような季節には、
その時期ならではの柔らかい表現を
取り入れることが推奨されます。

以下では、4月にマッチするような
カジュアルなビジネス用時候の挨拶をご紹介いたします。

挨拶の冒頭

– 「桜の花が美しく咲き誇る季節ですね。」
– 「春の温もりを感じる時期になりました。」

結び言葉

結びでは、季節を問わずに使える
汎用的なフレーズと、
その時期特有の挨拶を選ぶことができます。

季節にちなんだ言葉を選ぶ場合は、
それが時候の挨拶と重ならないようにすることが大切です。

相手の繁栄や健康を願う結び

– 「これからもご健康とご成功を心からお祈りいたします。」
– 「体調には十分お気をつけて、引き続きのご活躍を期待しております。」

関係維持の希望を込めた結び

– 「引き続き、ご指導いただけることを願っております。」
– 「今後も変わらぬお力添えをお願いいたします。」

4月特有の結び言葉

– 「春の時雨が心地よいこの季節、健康に留意してください。」
– 「新学期の始まりとともに、さらなるご活躍をお祈りしています。」

文書例

「この春の心地よい日々に、
〇〇様がお元気で過ごされていることを願っています。
(本文)
朝晩の冷えにご注意いただき、
今後もご発展を心より祈っております。」

4月初旬用ビジネス文書の時候の挨拶(漢語調)

4月を初旬、中旬、
終旬に分けて挨拶を考えると、
季節の移り変わりを文書に反映させることができます。

4月初旬は、新たなスタートの季節として、
特定の挨拶が適しています。

ここでは、ビジネスシーンで使える
4月初旬の時候の挨拶(漢語調)と例文をご紹介します。

挨拶の開始

– 「清明の季節に」
– 「春風が吹き抜けるこれらの日に」
– 「晩春の訪れとともに」

※「清明の季節」は二十四節気の一つで、
毎年4月5日ごろから始まり、この時期にふさわしい挨拶です。

結びの挨拶

– 「春の陽光が貴社に繁栄をもたらすことを願っています。」
– 「新年度のスタートに際して、貴社のさらなる成功を祈念します。」

具体的な文例

「清明の季節に当たり、貴社が続々と成功を収めていることに敬意を表します。いつものご支援に深く感謝しております。
(本文)
この季節、どうぞお体を大切になさり、益々のご活躍をお祈りいたします。
お忙しい中恐縮ですが、ひとことお礼まで。
敬具」

4月中旬用ビジネス文書の時候の挨拶(漢語調)

続いては、4月中旬の
ビジネス文書向けの時候の挨拶を紹介します。

この時期にも、全月を通じて使える
「春和」「春陽」「春爛漫」「陽春」
といった挨拶が適用可能です。

挨拶の開始

– 「桜花散後の日々に」

結びの挨拶

– 「若葉が目を覚ますようなこの美しい時期に、
皆様の健康と幸福を願っています。」

具体的な文例

「拝啓 桜花の散り際を過ぎ、
貴社が新たな発展を遂げていることを心より喜んでおります。
常日頃からのご厚情に感謝いたします。
(本文)
春の温もりに包まれた今日このごろ、
貴社および皆様のご繁栄を心からお祈り申し上げます。
敬具」

4月末日向けのビジネス文書で使用する時候の挨拶(漢語調)

春が徐々に夏へと移り変わるこの時期、
二十四節気の清明から立夏の直前までは、
一年で最も美しい晩春とされます。

4月の終わりには、季節の変わり目を表す
独特の挨拶が求められます。

ここでは、4月の末日に相応しい時候の挨拶と
それを用いたビジネス文書の例をご案内します。

文書の始めに使う挨拶

– 「穀雨の時期に」
– 「春の終章にさしかかる今」
– 「散りゆく桜の下で」
– 「春の名残を感じるこれらの日々に」

文書を締めくくる挨拶

– 「温かな春日が続くなか、
貴社のさらなる繁栄を願うものです。」

– 「春の終わりに、貴社及び皆様方の健康と
成功を心から祈念いたします。」

– 「緑が鮮やかになるこの時期に、
皆様の健康と幸福を切に願います。」

実際に使用する文例

「春の終わりを告げるこの時、
貴社が更に栄えることを深くお祈りいたします。
日頃のご厚誼に心より感謝申し上げます。
(本文)
新たな季節の訪れと共に、貴社の益々のご発展を期待しております。
敬具」

4月のビジネス文書用カジュアル時候の挨拶

 

ビジネスの場でも、いつもとは異なる親密な関係では、硬い漢語調よりも、もっと親しみやすい口語調の挨拶がふさわしいことがあります。ここでは、4月を通じて使える、そんなリラックスした雰囲気の挨拶文を紹介します。

4月にマッチする挨拶

– 「春の暖かさが心地よい季節になりましたね。」
– 「毎日、春の日差しがますます明るくなっています。」
– 「桜も咲き乱れる、春爛漫のこの時期、お元気でお過ごしでしょうか。」

これらは、4月の気候や自然の美しさを感じさせる挨拶で、漢語調の「春陽の候」や「春爛漫の候」をよりカジュアルに表現したものです。

文書の結び

カジュアルな文調を選んだ場合、結び言葉もその雰囲気に合わせることが大切です。

趣味や日常生活に触れた結び

– 「新しい学期や仕事のスタートで忙しいと思いますが、体調にはくれぐれも気をつけてください。」
– 「素敵な春の季節、外出も楽しんでくださいね。」

健康への気遣いを含む結び

– 「春特有の気温の変化に注意して、健康管理をしっかりと。」
– 「春雨が心地よいこの季節、風邪をひかないようにしてくださいね。」

4月特有の状況を反映した結び

– 「新年度の始まりで新たな気持ちで頑張りましょう。」
– 「ゴールデンウィークの計画はもう立てましたか?楽しい時間を過ごしてください。」

具体的な文例

「桜の花も散り、新緑が美しいこの時期、〇〇さんにとって新しい挑戦が充実したものとなることを願っています。
(本文)
気候が安定しない春ですが、どうぞお身体に気をつけて、素晴らしい春をお過ごしください。」

4月の季節に合わせた挨拶素材

4月の挨拶に、その月特有の食べ物、花、イベントを取り入れることで、季節感溢れる文を作成できます。以下に、4月におすすめの季節の話題を紹介します。

食べ物と自然の魅力

– いちご、筍、菜の花、桜餅、桜えびなど、春の味覚
– 桜、八重桜、ポピー、山吹、チューリップ、タンポポといった春の花々
– 蝶、テントウ虫、ミツバチ、おたまじゃくしといった春に活動を始める生き物

春の行事と風習

– 花見、新生活のスタート(入園・入学・入社式)、エイプリルフール、イースター、いちご狩り、山菜採りなど

季節の節目と自然現象

– 清明、穀雨といった節気、春嵐、花盛り、花冷え、朧月、春暁など

オリジナルの挨拶作成のすすめ

ただの例文をコピーするだけでは、自分の思いや個性が伝わりにくいです。大切なのは、あなたらしさを込めたメッセージを作ること。季節の変わり目を感じたり、日常で感じたことを文章にしてみましょう。少しの工夫で、相手に温かみのある挨拶を送ることができます。

親しい関係への4月の挨拶文例

親しい友人や同僚へは、もっとリラックスした言葉遣いで4月の挨拶を試みましょう。
「桜の花よりも、目の前の美味しいお団子に目がない私です。やっぱり花より団子かな。」
「春眠、暁を覚えずって言いますが、最近はいつでも眠い気がします。それをあなたに言ったら、「いつもそうじゃない?」って笑われました。」

4月に上司への挨拶をする際の文例

通常、直属の上司に対しては、フォーマルな言い回しよりも、少しカジュアルな会話調を用いることが多いです。しかし、他部署の上司や普段あまり接点がない上司には、フォーマルな文調を使うのが適切です。ここでは、それぞれの状況に合わせた挨拶の例を紹介します。

文調での挨拶の例

「拝啓、春の光が温かく感じられる季節、桜の花が美しく咲いています。
(本文)
新しい年度が始まるにあたり、どうぞよろしくお願いいたします。
敬具」

会話調での挨拶の例

「こんにちは。
(本文)
新年度がスタートし、新たな気持ちで頑張っています。今後ともご指導と支援をよろしくお願いします。」

まとめ

3月から4月にかけての季節にちなんだ挨拶の書き方や例文を紹介しました。ビジネスシーンでは、基本的にはフォーマルな文調を用いますが、春の訪れを感じさせるような表現を取り入れることで、文書に親しみやすさや季節感を加えることができます。一方、会話調を選ぶ時は、相手との関係性を考え、自分らしさを表現することが大切です。

タイトルとURLをコピーしました