「今期」と「今季」の違いとは?正しい使い分け方を解説

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

違い

「今期」と「今季」はどちらも「こんき」と読みますが、意味と使い方が異なります。

それでは、どのように使い分けるべきなのでしょうか?

今季と今期の違い

「今季」は現在の季節やシーズンを指し、「今期」は現在の期間や特定の時期を指します。

具体的には、「今季」は春夏秋冬の季節を指し、「今季のスキー日和」のようにその季節に関連する出来事や活動を表現します。

一方、「今期」は会計年度など特定の期間を指し、「今期の決算報告」のように、その期間内での出来事や活動を表します。

また、「夏季/夏期」や「冬季/冬期」のように、季節を表す場合には「季」、特定の期間を指す場合には「期」が使われます。

例えば、「夏期講習」のように特定の期間を指す場合には「期」が使われます。

今季と今期の使い分け方

今期:

  • 「今期の売り上げは前年比で10%増えました。」(現在の会計期間や営業期間について)
  • 「今期の目標達成に向けて、新しいプロジェクトが始まりました。」(現在のビジネスの期間について)現在の特定の期間を表します。
    その年の特定の期間を指します。
    例:「今期の決算は好調でした」、「今期の生徒数は〇〇人です」、「今期のJリーグは〇〇チームが優勝しました」

今季:

  • 「今季の桜はとても美しいですね。」(現在の春の季節について)
  • 「今季のトレンドカラーは明るい色が流行しています。」(現在のファッションシーズンについて)
  • 現在の季節を表します。春夏秋冬のうち、その年の同じ季節を指します。
  • 例:「今季は春ですね」、「今季は秋です」、「今季のスポーツシーズン」

このように、「今季」は季節やシーズンを指し、「今期」は特定の期間や時期を指す言葉として使われます。

これらの言葉を正しく使い分けることで、より適切な表現ができます。

 

タイトルとURLをコピーしました