基本の絵の具で紺色を作る簡単な方法!3つのテクニックを紹介

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

絵の具

紺色はその落ち着いた風合いから、フォーマルなシーンで好まれる色です。

深みのある青は、穏やかさと安心感をもたらすとされています。これは紺色が冷色系の色としての特性を持ち、心を静める効果があるためです。

例えば、勉強や仕事で集中したいときには、紺色やその他の青系色を周囲に取り入れると効果的です。

しかし、限定されたカラーパレットの絵の具セットには紺色が含まれていないことも多いです。

通常の青では明るすぎたり、鮮やかすぎることもあるため、紺色を自作する方法が役立ちます。この記事では、手持ちの絵の具を使って簡単に紺色を作る方法を解説します。

執筆者はカラーコーディネーションの専門家であり、色に関する豊富な知識を有しています。紺色の興味深い事実や色の組み合わせについても紹介します。

紺色の作り方

以下の3つの方法で、紺色を作ることができます:
– 青 + 黒
– 青 + オレンジ(補色を利用)
– 青 + 紫(類似色を利用)

青 + 黒

紺色を作る基本的な方法は、青色に黒を混ぜることです。

理想的な比率は青3:黒1です。黒を多く加えると色が暗くなりすぎるので、少しずつ混ぜるのがポイントです。色を混ぜる際は、明るい色に暗い色を少しずつ加えていくのがおすすめです。

青 + オレンジ(補色を混ぜる)

青とその補色であるオレンジを混ぜることで、紺色を作ることも可能です。

補色を混ぜ合わせると、お互いの色の特性を中和し、暗く落ち着いた色合いを得ることができます。青とオレンジを混ぜる際は、青3:オレンジ1の比率が適切です。

青と紫を組み合わせて紺色を作る方法

紺色を作るには、色相環で近い位置にある類似色を使います。

ここでは、青とその隣色である紫を組み合わせてみます。基本となる青に、徐々に紫を加えていくことで、少し群青に近い紺色を作り出すことができます。適切な混合比率は青2:紫1となります。

紺色が思い通りに作れたら、実際に試し塗りをしてみることをおすすめします。パレットで作った色と実際の画用紙に塗った色が異なることがあるためです。

これは色の面積効果により、使用する面積によって色の見え方が変わるためです。広い面積に使用すると色が明るく見えることがあります。

紺色と類似色との違い

紺色には似ている色がいくつもありますが、特に群青色や藍色との違いについて説明します。

紺色は一般的に暗くて濃い青色ですが、群青色や藍色とはどう異なるのでしょうか。

群青色と紺色の違い

群青色は、紺色よりも紫がかった深い青色で、紺色に比べて赤みが強い特徴があります。

群青色を作る際には、赤紫を少量加えると良いですが、赤を多く加えると紫色になってしまうので注意が必要です。

藍色と紺色の違い

藍色は紺色よりもわずかに黄色みを帯びた青色で、日本の伝統的な藍染めの色として知られています。

藍色を作るには、青に黒や緑を加えると良いでしょう。緑は黄色と青から成るため、黄色みを加えたい時に適しています。

紺色の活用方法

紺色は英語でネイビーとも呼ばれ、黒としては強すぎる場合に代わりとして非常に使いやすい色です。黒に比べて色のバリエーションが豊かで、他の色とも調和しやすいので、多くの場面で利用されます。

また、ゴッホが愛用したような青色系で、他の色とのバランスを取りながら、魅力的な作品作りに役立つでしょう。いろいろな比率で試し、お好みの紺色を見つけてみてください。

タイトルとURLをコピーしました