「灰色」の作り方:3つの簡単テクニック  

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

絵の具
スポンサーリンク

「灰色」は白と黒が混ざって作られる、控えめな中立色です。他の色を引き立てる効果があり、その汎用性が高く評価されています。

上品なデザインから街の小さな汚れまで、幅広く使える色です。  

クレパスにはよく含まれていますが、標準的な12色セットの絵の具には入っていないことが多いです。

最近では、専門店や大型店舗で単色の絵の具も簡単に手に入ります。急に「灰色」が必要になったときのために、この記事では基本的な12色セットを使用して「灰色」を作る方法をご紹介します。  

さらに、私はカラーコーディネーターとしての資格も持っているため、色に関する専門的な知識も合わせてお伝えします。  

「灰色」の作り方  

以下では「灰色」を作る3つの方法を詳しく説明します。  

  1. 黒と白を混ぜる  
  2. 補色を用いた方法  
  3. 赤、青、黄を混ぜる  

黒と白を混ぜる  

これは最も基本的な方法です。黒を多くすると暗い「灰色」に、白を多くすると明るい「灰色」になります。  

黒と白はどちらも無彩色で、これらを混ぜることで無機質な印象の「灰色」を作り出せます。さらに水の量を調節することで、色の濃淡を変えることができます。水を多く加えると、より繊細なニュアンスの「灰色」が得られますが、紙の質に気をつけながら行う必要があります。

補色を用いた色の混合方法

色相環上の補色を組み合わせて色を作る技術は、円形に配置された色相環で向かい合った色同士を混ぜることです。

色相環には多くの色の組み合わせがあり、今回は青とオレンジを同量混ぜる例を紹介します。

補色は視覚的にも興味深く、一方の色を長く見た後に白い背景を見ると、その反対色が残像として現れることがあります。

例として、手術着が薄緑色であるのは、赤い血の色を中和するためです。補色を隣に配置することで、強烈な印象を与える効果があります。

補色を混ぜ合わせると、互いの鮮やかな特徴を相殺し合い、結果として「灰色」に近い色が生まれます。

オレンジが青によって色みを失うのは、色を混ぜると色の鮮やかさや明るさが減少する減法混色の原理に基づいています。

ただ、完全に「灰色」になるわけではありません。絵の具の混色は目分量で行われるため、完全に均等に混ぜることが難しく、一方の色が強く出ることが多いです。

それでも実際の絵画制作では、少し色味が入った「灰色」がより自然で扱いやすいため、無機質な表現を求めない限りは有効です。

三原色を使って「灰色」を作る

「灰色」は、赤、青、黄色の三原色を組み合わせても作ることができます。これらは全ての色の基本です。

これらを異なる比率で混ぜ合わせると、理論上は黒に近い色が得られますが、実際には濁った「灰色」が生じます。これも均一に混ぜることが困難であるためです。

まとめ

「灰色」は他の色を引き立てるのに非常に役立ちます。ピンクや水色など、幼い印象を与える色も、「灰色」を加えることで格調高い印象に変わります。

また、色の彩度を抑えたいときに「灰色」を混ぜると、より自然な表現が可能になります。様々な「灰色」を試し、自分の好みに合う色を見つけてください。

タイトルとURLをコピーしました