焦げ茶色を作る技術!絵の具で実現する3つの方法と色鉛筆の使い方

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

絵の具
スポンサーリンク

焦げ茶色の作り方を知っていますか?通常の小学校で使われる水彩絵の具セットには茶色が含まれているものの、木の陰などを表現する時にはその茶色だけでは明る過ぎる場合があります。

そんな時、焦げ茶色が役立ちます。焦げ茶色を上手に作ることで、絵に深みを与えることができます。

この記事では、絵の具セットに焦げ茶色がなくても、様々な色を組み合わせて焦げ茶色を作る方法をご紹介します。

カラーコーディネーターの経験を活かして、焦げ茶色に関する情報もお伝えします。

焦げ茶色の作り方

焦げ茶色を作るための色の組み合わせは次の3つです。
1. 茶色と黒色
2. 黄色、赤色、緑色
3. 黄色、赤色、黒色

これらの色を使って焦げ茶色を作る際のコツを解説します。さっそく詳しく見ていきましょう。

茶色と黒色

最も基本的な焦げ茶色の作り方は、茶色に黒を少量混ぜることです。理想の比率は茶色4に対して黒1です。

黒の量を増やすと、より暗い焦げ茶色が得られ、茶色の量を増やすと、より明るい焦げ茶色になります。

黒を加える時は、少しずつ混ぜることが重要です。黒は非常に濃く、一度に多く混ぜてしまうと色の調節が難しくなります。

徐々に黒を加えていくことで、理想の色合いに近づけることができます。

水彩絵の具を使用しているので、水で薄めて色の濃度を調整し、絵を描く前に余分な水分はしっかりと切りましょう。

黄色、赤色、緑色

黄色と赤色を混ぜてから緑色を加えることで、焦げ茶色を作ることができます。

適切な比率は黄色1、赤3、緑2です。明るい黄色から始めて、徐々に赤を加えてオレンジ色にし、その後に緑を足していきます。

緑を加えることで色に深みが出て、焦げ茶色に近づきます。

黄色、赤色、緑色を使った焦げ茶色は、茶色と黒だけで作る方法よりも複雑な色合いを持ち、より深みのある表現が可能になります。

隣り合う色としてこれらを使うと、焦げ茶色がより馴染みやすくなります。

黄色、赤色、黒色

黄色と赤色に黒色を加えることでも焦げ茶色を作ることができます。理想の比率は黄色2、赤3、黒1です。

黄色と赤色でオレンジ色を作り、黒を加えて焦げ茶色の暗さを調整します。

黒を加える時は、少しずつ混ぜ、均一にならないようにすることで独特の効果を出すことができます。

パレットで完全に混ぜずに、紙の上で直接色を混ぜることで、異なる効果が得られます。

絵の具と水のバランスを考え、適切に混ぜることで、絵の表面が割れるのを防ぐことができます。

色鉛筆での焦げ茶色の描き方

色鉛筆で焦げ茶色を描く際は、初めに茶色の色鉛筆で下地を描きます。次に、黒色の色鉛筆を少しずつ上から重ねて塗っていきましょう。

黒は強い色彩を持つため、もし色が暗くなり過ぎたら、再び茶色で調整します。色鉛筆の魅力は、重ね塗りすることで深みのある色合いを作り出せることです。

茶色と黒を層にして塗ることで、望む焦げ茶色が得られます。この技法は人物の瞳や髪の陰影など、細部の描写に最適です。

焦げ茶色の使いどころ

焦げ茶色は、地面の影や動物の毛の暗い部分を描くのに最適です。馬、犬、レッサーパンダなどの体毛の陰影に使うと、立体感を出すことができます。

風景画で焦げ茶色を影に使うと、黒よりも温かみを感じさせる効果があります。

また、焦げ茶色はピンクや水色などの明るく柔らかい色とも意外とよく合います。これらの色と組み合わせることで、その魅力を一層引き立てることができます。

まとめ

絵の具セットには通常の茶色はよく含まれていますが、焦げ茶色はあまり見かけません。

自分で焦げ茶色を作れれば、作品に深みや現実感を加えられます。黒や緑を使って色の深さを調整し、作品に奥行きを出してみましょう。

焦げ茶色は目立ちにくいですが、作品全体の印象を引き締め、他の色を際立たせる役割を果たします。額縁にもよく使用されるこの暗い色は、絵を引き締める効果をもたらします。

重さや深みの表現にも役立つ焦げ茶色を活用して、さまざまな表現に挑戦してみてください。

タイトルとURLをコピーしました