『おかめ』と『おたふく』の違いと意味:似ているようで異なる二つの顔

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

違い

『おかめ』と『おたふく』、これら二つの顔の違いは何でしょうか?そして、それらは同じ意味を持っているのでしょうか?

『おかめ』と『おたふく』の意味とその違い

「おかめ」と「おたふく」はどちらも丸顔に短い鼻、膨らんだ頬を持つ女性の面として知られていますが、意味合いや受ける印象には違いがあります。

「おたふく」は、日本の伝統的なマスクの一つで、「乙御前」の「オト」から名前が来ているとも言われます。

この面は、笑っていることが多く、幸せをもたらす神様や縁起物として愛されていますが、不美しいとして女性を侮辱する際に使われることもあります。

一方、「おかめ」は「おたふく」よりも新しい時代、特に江戸時代の里神楽で使われていたと言われ、その名前は顔と頬の膨らみが甕(かめ)に似ていることに由来します。

「おかめ」も元々は「おたふく」と同じ意味で使われていましたが、江戸時代にはより愛嬌のあるイメージに変化しました。

そうして、「おかめ」と「おたふく」は、見た目は似ているものの、使われる文脈や感じられるニュアンスには明確な差があります。

「おたふく」は伝統的な面で、幸運や縁起の良いものと見なされることが多いですが、一方で否定的な使われ方をされることもあります。

「おかめ」は新しく、より親しみやすいイメージの面として位置付けられています。

『おかめ』と『おたふく』の異なる運命

『おかめ』は、鎌倉時代に実在したとされ、夫への深い愛とサポートで夫の成功に貢献した女性です。

彼女は夫へのアドバイスを秘密に保つために最終的に自ら命を絶ち、夫を支える女性の理想を体現しつつ、自己犠牲の精神を示しています。

『おたふく』は、江戸時代の京都で生きたと言われる女性で、貧しい家庭から出て裕福な生活を手に入れたという、まるでシンデレラのような人生を送りました。

彼女の物語は、人生の転機を迎えた女性の代表例として語られます。

これらの物語は、異なる背景を持ちながらも、日本の文化において幸せや美の象徴として受け継がれています。

『おかめ』は夫への支援と自己犠牲を通して家族の幸福を築き上げ、『おたふく』は逆境を乗り越えて手にした幸せな人生を象徴しています。

『おかめ』と『おたふく』

「おかめ」の名前は室町時代の巫女にちなんでいるという話や、「おたふく」の名前が幸福を意味すること、頬の丸みが河豚に似ているという由来など、彼らの起源にはさまざまな説があります。

特に、京都の千本釈迦堂では、建築に貢献したおかめの伝説が伝わり、彼女の功績を讃えるための風習が残っています。

 

タイトルとURLをコピーしました