X(旧Twitter)ご利用のアカウントにはリーチに影響を与える可能性があるラベルが追加」のお知らせが出たら?

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

X(旧Twitter)

X(旧Twitter)を利用していると、「ご利用のアカウントにはリーチに影響を与える可能性があるラベルが追加されました」という通知を受け取ることがあります。

この通知が意味することと、受け取った際にどう対処すべきかについて説明します。

X(旧Twitter)におけるリーチ制限ラベルの意義と対処法

X(旧Twitter)で「ご利用のアカウントにはリーチに影響を与える可能性があるラベルが追加されました」という通知が届いた場合、

これは新たに導入されたシステムがアカウントに何らかの制限を示唆していることを意味します。

具体的には、アカウントの活動範囲を制限する「シャドウバン」という措置が施されたことをユーザーに通知するものです。

この措置は、影響を既に受けているアカウントだけでなく、新たに影響を受けるアカウントにも適用されます。

通知が来たら

この通知を受けた場合、疑わしいリツイートや投稿を見直し、必要であれば削除することが勧められます。

これは、アカウントが自動生成されたものではないことを示すための一つの方法です。

また、複数のアカウントを保持している場合や、同一の電話番号を複数アカウントで使用している場合にも注意が必要です。

特に、引用リツイートが問題の原因となることがありますので、該当する投稿がないか確認しましょう。

シャドウバンを確認する方法

– フォロワー数が増加しない
– 通常よりも「いいね」やリツイートの数が少ない
– 自分の投稿が検索結果に現れない

上記のような状況が見られる場合、アカウントがシャドウバンの対象になっている可能性があります。

シャドウバンは、X(旧Twitter)からアカウントに課される制限で、以下の影響を及ぼします。

– 投稿が検索結果やフォロワーのタイムラインに表示されない
– フォロワー数の増加が難しくなる
– 「いいね」やリツイートの数が減少する

シャドウバン回避のための注意点

シャドウバンを防ぐためには、次のことに気をつけましょう:

– X(旧Twitter)のルールを守る
– 同じ内容の投稿を繰り返さない
– トレンドやハッシュタグの使用を適度にする
– 自動化ツールの使用を控える
– 複数のアカウントを使い分けない
– フォローとアンフォローを頻繁に行わない

シャドウバンの状態を確かめるには

シャドウバンの状態を確かめるには、異なるアカウントから自分のユーザー名で検索を試みるか、シャドウバンのチェックが可能なツールを使用する方法があります。

下記が使いやすいツール3つです。

  • ShadowbBanChecker
  • SHADOW BIRD
  • Twitter Shadowban Test

操作手順は全て同じで、ユーザー名を入力して確認すると、結果が表示されます。

これにより、自分のアカウントがどのような状態にあるかを把握できます。

シャドウバンから脱するための対処法

シャドウバンから脱するための対処法を以下に紹介します。

24~72時間、X(旧Twitter)を休止する

問題の解決後、24~72時間はX(旧Twitter)の使用を完全に停止しましょう。この期間、ツイート、リツイート、いいね、フォローなど一切の操作を避けてください。

X(旧Twitter)サポートセンターへの問い合わせ

上記ステップを実行しても状況が改善しない場合は、X(旧Twitter)のサポートセンターに相談してみてください。

原因の究明と解消

シャドウバンは、X(旧Twitter)の規則に反する行為によって引き起こされることが一般的です。以下の行動が原因となることがあります:

– ボットや自動化ツールを用いて特定キーワードを含む投稿をする
– 複数アカウントで同じメッセージを投稿する
– 頻繁にフォローとフォロー解除を繰り返す
– 人の手による活動がなく、すべてが予約投稿である
– 同じ内容や似たようなツイート、リンクの反復投稿
– 特定のトレンドやハッシュタグを過剰に利用する
– ツイートやメッセージの送受信を自動化する

これらに該当する場合は、問題となるツイートやアカウントの削除を行ってください。

タイトルとURLをコピーしました